無料の会員登録をすると
お気に入りができます

子供になってほしい職業、第1位は?将来もなくならない仕事とは?

子育て

子供にはなりたい職業についてほしい。しかし、親が子供に願う「なってほしい職業」もあるでしょう。今回は、親が将来子供になってほしい職業をご紹介します。

将来子供になってほしい職業、第1位は?

全国500名のパパとママを対象に調査した「将来子供になってほしい職業」についてアンケート調査を実施した株式会社ビズヒッツが、2020年11月に親が子供になってほしい職業ランキングを公表しました。

男の子になってほしい職業ランキング第1位は、公務員

男の子になってほしい職業では、327人中75人と公務員が圧倒的な差をつけて1位となりました。また、第2位にはエンジニア・プログラマーとIT化の進む時代を反映した職業がランクインしています。

第3位は、スポーツ選手。夢のある職業もランクインしています。

第4位は医師、5位は警察官、6位は教授・研究職、7位は消防士など、安定した収入が得られ、失業リスクの低い職業がランクインしています。

女の子になってほしい職業ランキング第1位は、看護師

女の子になってほしい職業では、289人中60人で看護師が第1位となりました。第2位は30人で薬剤師。そして、3位公務員、4位医師、5位保育士・幼稚園教諭、6位教師、7位管理栄養士というランキングになっています。

女の子に将来求めている職業は、どれも「有資格」のものです。女性の活躍が期待される一方で、結婚・妊娠・出産などライフステージの変化に左右されやすい女性の働き方を知る現代のパパとママだからこその結果となっています。

親が子供の時なりたかった職業から、子供への伝え方を考える

親は、子供に苦労せずに生きてほしいと願うものです。この調査結果では、そんな子供を大切に思う気持ちが顕著に現れています。しかし、そんなパパとママが子供の頃になりたかった職業はというと、少し違うようです。

パパが子供の頃将来なりたかった職業は、第1位スポーツ選手、第2位ミュージシャン・芸能人、第3位電車やバスの運転手、第6位パイロットなど、夢のある職業がランクインしています。

しかし、子供になってほしい職業第1位の公務員はランク外です。子供には、公務員という仕事がわかりづらいのかもしれません。もし子供に公務員になってほしいと願うなら、公務員がスポーツ選手やミュージシャン・芸能人のように活躍しているポイントを見つけ、説明してあげるといいですね。電車やバスの運転手のように、人に役立つ仕事と共通するところから話してあげるとわかりやすいでしょう。

スポーツ選手、警察官、エンジニア・プログラマーなど、なりたかった職業と子供になってほしい職業が共通しているものもあります。これらの職業なら、パパの熱意も伝わりやすいはずです。

ママが子供の頃になりたかった職業では、第1位がケーキ屋さん・パティシエとなっていますが、第2位保育士、第3位教師、第4位看護師と子供になってほしい職業と共通しています。

ママ自身が子供の頃になりたかったという気持ちがあれば、子供に将来なってほしい職業として話す時も伝えやすいでしょう。もし、子供が自身の子供の頃と違う職業になりたいと言っていても、それをまずは受け止めてあげることが大切です。子供の夢は成長に伴い、変わっていきます。いつもそばで見ているママだからこそ、子供の特徴や特技を見つけ、それを子供自身に伝えてあげて具体的にこんな仕事が向いているかもね、と教えてあげるのもいいですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ