無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏だし、今日は自分から♡彼にも喜んでもらえる「夜の誘い方」9選

4.恥ずかしそうに「しよっ?」

「何を?」と言われたら「わかるでしょ」

恥ずかしそうな表情で、彼の目を見て「しよっ?」と短く伝えるのもいかが?「する?」「したいなぁ」でも良いです。彼が「何を?」と聞いてくるかもしれません。そうしたら、恥ずかしそうな表情はそのままに「わかるでしょ?」と続けましょう。

g-stockstudio / GettyImages

いつも自分からお誘いしないという方は、最初はこれくらいでOK。彼は察してくれますし、恥ずかしがっている彼女の精一杯の誘い方だったんだと思うとキュンとしてくれるはずです。

5.ストレートに「エッチしよ?」

不意打ちなら彼もときめく

男性は察するのが苦手なので、スキンシップや「しよ?」だけでは気付かないこともあります。遠回しな態度や言い方で気付いてもらえないなら、ストレートに言葉で伝えましょう。

vadimguzhva / GettyImages

「エッチしよ?」「エッチしたいな」彼女からまっすぐに誘われてうれしくない男性はいません。むしろエッチな彼女は大歓迎。不意打ちでストレートに言わるとドキドキしますし、彼の興奮も高まるはずです。

6.「ドキドキしてる」から手を誘導

彼もドキドキしちゃう

Deagreez / GettyImages

彼と一緒にいるとドキドキしてしまうと言い、それを伝えるために彼の手を持って胸に誘導するという大胆な方法もあります。「ね?ドキドキしてるでしょ?」と言ってからキスをすれば、そこから先も止まらないはずです。

7.かわいいランジェリーを「見たい?」

普通の下着でOK

新しい下着を買ったという話題を出して、彼に悶々と想像させましょう。中に着るのは過度にセクシーなランジェリーではなく、普通の下着でOK。あまり攻めた下着だと引いてしまう男性もいるので気をつけましょう。

Vasyl Dolmatov / GettyImages

そして、「今着てるけど…見たい?」「見たいなら脱がせて?」と誘ってみて。下着を見るだけでは終わらないはずです。

記事に関するお問い合わせ