無料の会員登録をすると
お気に入りができます

わざわざ訪れたい文具&雑貨店~鎌倉編~

旅行・おでかけ

この連載では、編集部員が見つけた「いい1日」のヒントをご紹介していきます。
今日は文具&雑貨好き編集部員クマダが、鎌倉へ行くとつい立ち寄ってしまう、文具・雑貨店についてお伝えします。

かわいい外観。店内にはいろんなジャンルのこだわり商品がずらり

鎌倉に来たら、立ち寄る文具店「コトリ」

こんにちは。このところ、毎週末文具や雑貨系イベントを訪れているクマダです。(この時期はイベントが多いですね)

文具や雑貨系のイベントには、各所のお店やメーカーが一同に集まるので、その会場へ行くだけで一気にたくさんのスポットを巡った気分になります。
兵庫・丹後にある紙の会社の商品など、東京にいると見つけづらいアイテムに出会えたり、発見もたくさん。そして逆に、イベントで大好きなお店のブースを見つけたら、すごく嬉しい気分にもなります。

昨年末、日本最大級の文具の祭典「文具女子博」で出会えて嬉しかったのは、鎌倉の文具店「コトリ」でした。

鎌倉へ行くたびに立ち寄ってしまう「コトリ」は、鎌倉駅から材木座方面へ行く途中にある文具店。このお店には、オズマガジン編集部が製作した「鎌倉・湘南 よりみちノート」も置いていただいています。

>よりみちノートについてはこちら

先日、7月12日発売の「湘南特集」の取材で、よりみちノートについてお話を伺いに「コトリ」へ行ってきました。(来月発売の湘南特集、ぜひご注目ください!)

旅先から出せるハガキや、レターセット、切手など、手紙アイテムがたくさん

店主の"好き"が詰まった空間

どことなく懐かしさが漂う駄菓子屋さんのような「コトリ」は、お客さんが次から次へとやってくる人気店。

店主の中村さんはアナログなものが大好きだそうで、店内にある商品のセレクトにその熱量が伝わります。

文具メーカーのペンなどの新商品から、海外のアンティークの紙モノ、木で作られた置物まで、ジャンルレスに細々としたかわいいものが並んだお店の中。
京都の「subikiawa食器店」やますこえりさんのメモパッドなど、私が大好きなアイテムたちもたくさんあり、行くたびにテンションがあがります。

特にわくわくするのが、手紙アイテムの集まる棚。
万年筆などのペンはもちろん、作家もののレターセットや鎌倉のおみやげにもなりそうな大仏柄のポストカード、「コトリ」オリジナルのフレーム切手にハガキ・・・。

棚を端から眺めていると、手紙好きな中村さんの"好き"が伝播して、いつも誰かに手紙を書きたくなってきます。

82円の切手シートは5枚セットで1000円。レジ横のガチャガチャで当たるマッチもいつかチャレンジして手に入れたい・・・

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ