無料の会員登録をすると
お気に入りができます

塗り方で変わるグレーアイシャドウ!『ケイト クラッシュダイヤモンドアイズ BK-1』で大人かっこいいシックな目元に

メイク

グレーアイシャドウというと使いづらいイメージがあるが、実は使いやすい色味。使い方次第でトレンド感やこなれ感を演出でき、おしゃれにキマる。そこで今回は大粒のグリッターとオーロラカラーをかけあわせて透明感を演出してくれる『ケイト クラッシュダイヤモンドアイズ BK-1』を使って、どんなアイメイクができるのか試してみた。いつもと違った雰囲気のアイメイクをしたい方はチェックしてみて!

ダイヤモンドのような輝きのグレーアイシャドウ『ケイト クラッシュダイヤモンドアイズ BK-1』

株式会社カネボウ化粧品の『ケイト クラッシュダイヤモンドアイズ』(全8種・税込 1,296円※編集部調べ・発売中)は、大粒の高輝度クリアグリッターとオーロラカラーの掛け合わせで、目元にきらめく透明感を演出してくれる2色セットのアイシャドウ。ダイヤモンドのようなきらめき感で高発色なのも特徴だ。

今回は全8色のうちから、グレーアイシャドウ『ケイト クラッシュダイヤモンドアイズ BK-1』をピックアップ! 「BK-1」の色味は、ブラックみが強めなグレーカラーと明るいシルバーカラーの2色。

「ちょっと使いづらそう」と思われがちな色味だが、トレンド感やこなれ感が出るため、敬遠するのはもったいない。ブラウン系やピンク系アイシャドウもかわいいけれど、大人っぽいクールでかっこいい印象を演出したいというときにはぴったりだ。

ただしグレーアイシャドウは塗り方で印象が大きく変わるもの。コツをおさえれば、誰でも簡単におしゃれな目元を叶えることができる。

トレンド感を出すコツは? グレーアイシャドウで大人っぽいシックな目元を叶えよう

さっそく『ケイト クラッシュダイヤモンドアイズ BK-1』を使ってアイメイクをしてみよう。

まずは付属のチップで右側のシルバーカラーをまぶたへのせていく。全体へベタっと塗るのではなく、中心をメインに軽く全体にぼかすのがコツだ。

透け感のあるシアーな発色が美しい仕上がりに。シルバーの偏光カラーがオーロラのように幻想的な色と光を放っている。

続いて左側のグレーカラーを目尻へ“くの字”に入れ、上まぶた目尻を少しぼかす。二重全体にグレーをのせてしまうと古っぽさが出てしまうため注意!

またグレーアイシャドウはこすりすぎると色がくすんでしまう可能性もあるので、こすらないよう優しくぼかすのもポイントだ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ