無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ずっと住みやすい家の特徴って?おしゃれで快適に暮らせる家づくりをしよう

インテリア

おしゃれで住みやすい家の特徴:家具配置

開放感たっぷりで動きやすい家具配置

仕切りがなく開放感のある部屋は、住みやすい条件として重要なポイントです。

好きなようにレイアウトができるので動線を作りやすくなります。ソファやダイニングテーブルなどを置いて工夫をしてみてください。

家の間取りが広々しているのであれば、住みやすい空間ができますよ。

広々していてずっと家にいたくなるでしょう。アイアン窓もおしゃれでスタイリッシュなのが特徴。

階段近くを活用したテーブル配置

家の真ん中に作られた階段はとてもおしゃれに見え、使い勝手の良い部屋になります。

住みやすいように階段は圧迫感がないようにしているため、部屋の中央にあっても問題ありません。

これなら二階に上がりやすく動線もきちんと確保できるでしょう。

さらに住みやすい家にするように、リビング側にテーブルを置いてフリースペースに。おしゃれなレイアウトにして素敵な部屋にしています。

縦長で開放感のある家具配置

住みやすい部屋にするには、直線の動線が作れる家がおすすめです。

打ちっぱなしのコンクリートが特徴的な家ですが、ラグを敷くことで暖かみのある雰囲気作りをしています。

仕切りの壁側にはソファを置いているので、ほぼ直線で部屋の中を動けます。

とてもスッキリした印象になり、住みやすい部屋になるでしょう。動線にはあまりものを置かないというのも一つの手です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ