無料の会員登録をすると
お気に入りができます

交際3ヶ月までが勝負!付き合い始めから愛情を深める方法

交際が長く続くカップルは、付き合い始めにしっかり二人の絆を深めています。お互いがまだ恋人としてのときめきがあるうちに、愛情を育んでいく努力をしていきましょう。交際初期の3ヶ月目までにしておきたいことをまとめました。

2018年6月
恋愛・結婚

お付き合い、長続きするかな?

大好きな人とお付き合いが始まり、ときめいた毎日を送る人も多いでしょう。しかし長くお付き合いをするなら、この時期から二人の絆が深まるような努力をすることが大事です。お付き合いが続くかどうかは、最初の3ヶ月に決まってしまうのです。

交際初期に愛情を深める努力をする

お付き合い3ヶ月までが勝負!

付き合い始めはどんなことも新鮮に感じられますよね。しかし交際して3ヶ月ほど経った頃には二人の関係も安定してきます。これはいいことなのですが、交際して3ヶ月間に積み上げたことが二人の間の「普通」になってしまうということ。

この期間になるべく二人の絆や愛情を育てるような努力をすることによって、長くお付き合いを続けやすい関係にまで発展してきます。

二人だけの呼び名で呼び合う

長続きするカップルの共通点は、お互いを変なニックネームで呼び合っているということ。二人だけしか知らないニックネームがあると、その後の関係が長続きします。これは二人しか知らない秘密を共有しているから。

なるべく早い段階で二人だけの世界を作り上げるようにします。二人で会う時には、二人だけの世界をどんどん作っていけるようになると、その過程も楽しくなってきて、居心地が良くなってきます。

嬉しいこと・嫌なことはきちんと伝える

付き合い始めは、相手のことが大好きでどんなことも素晴らしく見えてきます。しかし少し時間が経つと、嫌なところもどんどん見えてくるようになるでしょう。彼のことを一面だけではなく、多面的に見られるようになってきた証拠です。

あなたが彼にされて嫌なことは、はっきりとその気持ちを伝えるようにしましょう。逆に嬉しいこともきちんと伝えること。嬉しいことも嫌なこともきちんと伝えてくれるという安心感が、信頼関係にも結びつきます。

外出デートをたくさんする

交際初期には、彼とイチャイチャしたり、エッチをしたい気持ちが高まり、ついインドアなデートが多くなりがち。しかしこの時期にどれだけお互いの性格を多面的に知ることができるかが、鍵になります。公園や海、海外旅行など、時間とお金が許す限り、彼といろんなところに出かけてみましょう。

「こんな一面もあったんだ」と知る機会が多いと、彼のことをもっと知りたくなりますよね。彼もあなたのことを同じように思っています。お互いの好きという気持ちが強いうちに、なるべくいろんなことを知るチャンスを作りましょう。

連絡&デートをこまめにする

彼とマンネリしないように連絡頻度やデートを意識的に減らす人もいるようですが、お互いがなるべくたくさん会いたいと感じている場合には、気持ちのまま彼とデートや連絡をするようにしましょう。連絡やデートの頻度を増やしたくらいで飽きる関係は、遅かれ早かれ終わってしまうものだからです。

ただ、無駄に連絡のやり取りをするのではなく、仕事中は業務連絡にとどめるという配慮は必要かもしれません。日中は仕事に集中したい男性は多いからです。

彼の話をよく聞いて褒める

彼のことが好きだという気持ちが高ぶりすぎると、あなたが彼へ愛情表現したり、会話の主導権があなたばかりになってしまいがち。この時期こそ、彼がどんな考えや価値観をしているのかをしっかり把握しておく必要があります。

彼がどんなことを考え、毎日どんな生活をしているのかをしっかり聞くようにしましょう。その際に、
・褒める
・認める
・肯定する
という3つのポイントを意識しておくことで、彼は気持ちよくあなたに話をしたいと思うようになります。

キス&ハグの習慣をつける

心が離れたカップルは、キスやハグなどのスキンシップをしなくなります。それは心と体は密接に繋がっているからです。キスやハグを彼とのデート中にすることによって、普段の生活から彼と触れ合う機会が増えるようになります。

最初は照れくさく感じるかもしれませんが、続けて行くことで彼も「あなたからのキスやハグがないと不安」という状態にまで持っていくことができます。お付き合いの中で停滞期やマンネリが来るのを防ぐように、なるべく肌の触れ合いを減らさないようにしましょう。

彼とずっとラブラブでいられますように!

長くお付き合いを続けているカップルは、なんとなく続いているだけではありません。いろんなことがあっても、二人で歩んでいこうという努力をし続けた結果なのです。お付き合いの初めからいい関係を築ける二人でいたいですね。

記事に関するお問い合わせ