無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[かき氷]美しい富士山がかき氷に。東京・浅草の有名たい焼き店「浅草浪花家」のフォトジェニックスイーツ

グルメ

夏になると恋しくなるかき氷。今回は、都内で気軽に行ける、足を運んでみる価値のある名物かき氷の魅力をご紹介。東京・浅草にあるたい焼きが人気の「浅草浪花家」でいただけるのは、目にも美しい富士山×朝焼けが印象的な名物かき氷。並んででも食べる価値ありの、かき氷の魅力とは?

目にも美しい富士山×朝焼けのかき氷

たいやきの名店「麻布十番浪花家総本店」の暖簾分け「浅草浪花家」では、名物のたいやきはもちろん、かき氷も大人気! おすすめは、写真展に飾られていた“富士山から見た朝焼け”の写真とコラボした「あさやけ」(850円)。

純氷をきめが細かく削りふんわりと山型に盛りつけ、その上から、ミルク、自家製のいちごシロップをたっぷりと。さらに、十勝産の小豆をのせれば、富士山×朝焼けが目の前に。甘酸っぱいイチゴと柔らかくゆでた小豆が懐かしさを感じさせる、やさしい味わい。

ほかにもある!お店の人気メニューや雰囲気をチェック

季節限定フレーバーのかき氷も

写真のきなこ、みるく、黒蜜を氷にかけた「きなこ」(650円)や「宇治金時」。「いちご」、「あずき」などの定番から、「4種のベリーとヨーグルト」や「みるくといろんなフルーツ」などちょっと変わり種のものなど、いろいろなかき氷が揃う。シーズンによって、限定のフレーバーが登場することも。

和モダンな落ち着きのあるカフェ空間

カフェスペースは、和を感じさせながらもモダンで落ち着いた佇まい。時間が止まったかのような、ゆったりとした空間で、かき氷をいただける。

名物のたいやきも見逃せない

名物のたいやきをはじめ、あんみつや白玉ぜんざいなど多彩な甘味がラインナップする。夏には、かき氷を目当てに訪れる人も多くなるそう。

かき氷DATA

入店・待ち時間について

・整理券の配布はなし
・名簿の記載はなく、並んだ順番にご案内
・比較的空いている時間帯は平日午前中、土日12時前後

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ