無料の会員登録をすると
お気に入りができます

みんなが幸せだと嬉しい!「一日一善」で周りの人を幸せにする8つの方法

幸せってどうやってなれるの?と思っている方は、一日一善で他人を思いやって生活してみませんか?思いやることで周りが幸せになり、次第に自分も幸せになれるかも。今回は普段からできる「一日一善」についてご紹介いたします。

2018年6月
ライフスタイル

幸せになりたい時は他人への思いやりから♡

幸せになりたい!と思っても、何から手をつければいいのかわからない方が多いようです。そこでまずは他人を幸せにする一日一善を取り入れてみませんか?

大切なのは物事の大小ではなく、始めることと、続けることです。今回は誰でも挑戦しやすい「一日一善」についてご紹介いたします。

①笑顔で挨拶を言う

当たり前のことですが、とても大事な行い。挨拶には“相手の心を開き、相手に近づく”という効果があります。

つまり自分から挨拶することで、相手の緊張感などを和らげ、可能性を広げる行動なんです。挨拶をされただけで、嬉しくなったことがあるはず。そんな気持ちを共有していきましょう♡

②ゴミを拾う

お出かけした場所に、ゴミがあると嫌な気分になったことがある人もいるはず。そんな気持ちを、他の人にも持たせないよう、ゴミがあったら拾ってみて。次来た人たちが、幸せな気持ちで過ごせるはずです。

③席を困っている人に譲る

電車やバスを乗った時に、困っている人がいたら席を譲っていますか?最近では断る方もいて躊躇しがちですが、思い切って席を譲ってみましょう!

あなたの行動で救われ、素敵な1日を過ごしてもらえるかもしれませんよ。

④会社で朝の机拭きを率先してする

自分の机だけでなく、共有の机拭きをするのも◎です。

www.pexels.com

机がキレイだと気分が良くなり、みんなの仕事効率を上げる効果が期待できます。

記事に関するお問い合わせ