無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これって友情?恋愛感情?「好き」の違いと見極め方12選

仲の良い男友達に対して思う「好き」は友情。…のはずですが、妙にドキッとして、恋愛感情かもなんて考えてしまったことがある方はいませんか?その「好き」がどういう感情なのか、友情と恋愛感情の見極め方を解説します。

2018年7月
恋愛・結婚

この「好き」はどういう感情?

友情?それとも恋愛感情?

仲の良い男友達に対して、「友達として好きなのか、恋愛感情としての好きなのかわからない」と思ってしまったことはありませんか?どちらも同じ「好き」ですが、友情と恋愛で全く違う感情のはずなのに…。

そこで、「好き」の違いや見極め方を解説します。

1. 相手を思う時間

友情なら時々、恋愛感情ならいつでも思う

「好き」と思う相手のことを気がつくといつも考えていたり、おでかけして「一緒に来られたら良かったな」と相手のことを思い出したり、相手は自分をどう思っているのかとか悶々と考えてしまうのは、恋愛感情です。

友情なら存在を思い出すことはあっても、四六時中考えることはほぼありません。頭から彼のことが離れくなっていたら、すでに恋に落ちているかもしれませんよ。

2. 相手のことを思ったときの感情

友情なら楽しいだけ、恋愛感情なら複雑

友達は会えば会うほど楽しく、知れば知るほど仲良くなり、素を見せられるようになります。好きな人とも会えば楽しく、知れば仲良くもなりますが、ただ楽しいだけではなく複雑な気持ちがあるものです。

「自分の言ったことを相手はどう思ったのだろう」とか、「また会いたいけど迷惑かな」とか。良いようにも悪いようにも考えて、くよくよしてしまうのが恋愛です。相手に複雑な感情を抱き始めたら、恋の始まりなのかも。

3. 連絡頻度

友情なら無くてもOK、恋愛感情なら無いとヤキモキ

友達から連絡がないと「忙しいのかな?」と気にはなりますが、特別に不安になることはありません。しかし、これが恋愛感情だと返信がないかと何度もスマホを見たり、自分の送った文が悪かったかなと見直したり…ヤキモキしてしまうもの。

つまりは相手のことばかり考えて、相手がどう考えているのか知りたくなってしまうのです。それはもう恋ですよね。

記事に関するお問い合わせ