無料の会員登録をすると
お気に入りができます

その使い方はNGかも!?「重曹」「クエン酸」「過炭酸ナトリウム」の正しい使い方

お掃除

こんにちは!【家族の暮らしをラクにする】整理収納アドバイザー&サンキュ!STYLEライターの田中ゆみこです。

「重曹」「クエン酸」「過炭酸ナトリウム」のナチュラル洗剤を使っているかたも多いと思いますが、間違った使い方をすると、汚れが正しく落とせないことは知っていますか?今日は、その使い方はNGかも!?今さら聞けない「ナチュラルクリーニングの正しい使い方」についてご紹介します。

ナチュラルクリーニングって何?

ナチュラルクリーニングとは、合成洗剤を一切使わない掃除方法のこと。重曹や、クエン酸、石鹸など、自然の素材を使って家中をキレイにすることができます。

私自身、以前から環境にやさしく、手肌にもやさしいお掃除であることは知っていましたが、深く学ぶと「おそうじは化学」ということを知り、ビックリ!

その理由は、汚れの性質を見極め、それを落とすのに最適な洗剤を科学的に選ぶから。汚れは「酸性」と「アルカリ性」に分類され、酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使うことで、汚れを落とすことができるのです。面白い!って思いませんか?

重曹の正しい使い方:ポイントは濃度

重曹は「炭酸水素ナトリウム」とも呼ばれ、弱アルカリ性の洗剤です。皆さんも「重曹」はよく耳にすると思いますが、「重曹水として使う」「粉のまま使う」使い方があります。

クレンザーの代わりとして、こびりついた汚れやカビなどに効果的。生ゴミなどの酸性物質の臭い消しとしても有名ですね。

じつは過去に、適当に水に重曹を溶かしてフローリングの床を拭いたときに、白い粉が残っていた…という失敗をしたことがあります。重曹水として使う場合、ポイントは「濃度」です。そして水を使うのはNG!じつは、重曹は水に溶けにくい性質を持っているのです。

キッチンの汚れやフローリングやドアの皮脂汚れにも効果的な重曹水ですが、水ではなく、40℃のお湯1カップに小さじ1/2の重曹を溶かして使ってくださいね。

クエン酸の正しい使い方:使ってはいけない素材に注意!

酸性の洗剤であるクエン酸。クエン酸も基本の使い方は2つ、「クエン酸水として使う」「粉のまま使う」使い方があります。アルカリ性の汚れや臭いに効果的で、シンクなどの水まわりに発生する水アカや石鹸かすの汚れにもよく効きます。

ただし、次のことには注意が必要です。まず一つ目が「塩素系漂白剤と混ぜないこと」。強力な塩素系洗剤と混ぜると、汚れが落ちやすくなるのではないか…と思いがちですが、有毒ガスが発生するので絶対してはいけません!

もうひとつが「使う素材に気をつけること」です。以前、正しい知識もないまま、水アカに効くと思い使った結果、浴室の金属がさびてしまいました。大理石や鉄などの素材に使うのは避けた方がよいです。クエン酸は酸が強いので、残っていると金属を傷めたりする場合があります。使った後は、しっかりと洗い流すことをおすすめします。

過炭酸ナトリウムの正しい使い方:洗濯槽そうじには最強!

過炭酸ナトリウムはアルカリ性の洗剤で強い洗浄力があり油汚れに効果的です。店頭では、「酸素系漂白剤」として売られています。鍋などの焦げつき落としにも効果的で、とくに力を発揮するのが洗濯槽のそうじ。お湯とともに入れておくとビックリするぐらい黒い汚れがとれます!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ