無料の会員登録をすると
お気に入りができます

手続きだけ!申請してもらえる&取り戻せる公的補助のQ&A

節約・マネー

Q.夫と妻のどちらで医療費控除を申告した方がお得になる?

妊娠や出産には医療費がかかるもの。一般に収入が多い方が申告をした方がお得になります。ただ医療費が10万円に満たない場合、所得合計が200万円未満であれば、その5%を超えた時にも対象になります。その場合には納税をしていても、所得の少ない方で申告をするようにしましょう。税金を払っていない専業主婦の方は、自分名義で申告しても還付は受けられません。

高額療養費について

GettyImages

Q.月をまたいでも自己負担額は合算できる?

高額療養費は、1日から月末までの1ヶ月間の自己負担が対象になります。月をまたいで入院した場合には、それぞれの月の自己負担額が計算されます。なぜかというと、医療機関が加入している医療保険に対して毎月、暦月単位で医療費をレセプトで請求しているためです。これに合わせて高額療養費の支給も暦月単位になっています。

Kanizphoto / GettyImages

Q.家族で合算して申告はできる?

家族が同じ月に医療機関を受診した場合や、1人が複数の医療機関を受診した場合には、自己負担額を世帯で合算できます。合算額が一定額を超えたら、超えた分が高額療養費として戻ります。

69歳以下は1ヶ月の自己負担が2万1000円以上なら合算されます。さらに過去12ヶ月以内の3回以上、上限額に達したら4回目からは多数回該当になり、上限額が下がる仕組みになっています。

妊婦健診費用の助成金について

GettyImages

Q.妊婦健診の受診券で足りない分はどうする?

妊娠がわかった時に「妊娠届」を提出すれば、14回分の妊婦健診受診券がもらえます。この受診券は、基本的な検査費用はカバーできる金券のようなもの。受診券で足りない分は実費になります。

出産予定日を過ぎた後には、毎回の健診だけだと枚数自体も足りなくなる可能性があります。受診券の内容や金額は、自治体によって異なります。東京都文京区の場合には、超音波検査の受診券や、子宮頸がん検診受診券が配布されるところもあります。

NataliaDeriabina / GettyImages

Q.里帰りして使わなかった分は、お金が戻ってくる?

受診券は金券と同じなので、里帰り先で使えなかった受診券は、支給された自治体に持っていくと、住民地の助成額がもらえます。手続きには、医療機関で記入してもらった受診券や領収書、母子手帳、印鑑、振込口座が必要になります。

申請する締め切りは自治体によって、6ヶ月や1年など異なるので、確認をしておきましょう。あとから請求できるので、受診券や領収書はしっかり保管をしておきましょう。

AleMoraes244 / GettyImages
記事に関するお問い合わせ