無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そうだったのか!話し上手な人がおさえている4つのツボとコツ

ライフスタイル

3.相手の理解度を把握する

話がうまく伝わらない人に一番多いのは、相手の理解度を確認しないまま話してしまうこと。自分は話しているから気持ちいいかもしれませんが、相手にとって理解できない他人の話は苦痛です。

話し上手になるには、どうしたらいいでしょうか?相手が理解しやすいように、話の区切り目で理解しているかどうかの確認を取りましょう。「なんとなくわかる?」「少しご理解いただきましたか?」といった言葉です。話を全て聞いた後に、「全て理解した?」と聞いても、なんとなく頷きづらいですよね。

話の最初の部分で質問したいことがあっても、聞きづらいし、初めて聞く分野の話なら、なおさら理解には時間がかかります。
「よくわからなかった」と正直に伝えるのも、相手に悪い気がして気が引けます。こまめに話の合間に確認の言葉を入れることによって、相手も話についていこうという気持ちになれます。

「理解した?」よりも「なんとなく理解した?」「わかる?」よりも「少しわかる?」の方が相手も話を理解しやすく、頷きやすくなります。これで劇的にコミュニケーションがよくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

4.「魔法の言葉」を使ってみよう

話し上手な人が必ず使っているのが、この魔法の言葉です。未来のことを話す時に、「もし」を使うと相手とのコミュニケーションが上手くなります。例えば「ご飯を一緒に食べよう」と誘うより、「もし一緒にご飯食べるなら洋食と和食どっちがいい?」と聞くと相手も話に乗ってくれやすくなります。

話し上手な人は決して難しい話をしているのではなく、相手のレベルに合った話し方をしています。話すのが苦手な人もいれば、話し上手な人もいます。両者の違いは、一体何なのでしょうか?

話すのが苦手な人は、自分と相手の立場が上か下かということを無意識に考えてしまう人が多いようです。その一方で、話が上手な人はコミュニケーションを取り、お互いの理解を深めることを目的としています・このポイントを参考に「話し上手」な人を目指してみてくださいね。

一歩踏み出す勇気を持とう!

話し上手な人も、昔から話し上手だったわけではないかもしれません。初めから100%上手くできる人はいません。ひとつずつチャレンジして、一歩ずつ話し上手に近づくよう努力しましょう。1か月後、1年後のあなたは驚くほど話し上手になっているかもしれませんよ。未来の自分を想像し楽しみながら話し上手を目指しましょう!

記事に関するお問い合わせ