無料の会員登録をすると
お気に入りができます

結婚が近づく!愛され彼女が実践する彼との距離感の縮め方

交際が安定し、関係が長く続き、自然に将来のことを見据えた関係になる女性がいる一方で、遊びの女にしかなれない女性がいます。両者の違いはどこにあるのでしょうか?愛される女性が実践している彼との距離感の縮め方や、絆の深め方をご紹介します。

2018年7月
恋愛・結婚

彼ともっとラブラブになりたい!

好きな人と仲良くなりたい、交際中の彼氏との関係をもっと深めたいと思う女性は多いですよね。しかしその気持ちは空回りし、大好きな彼氏に愛情をたっぷり注いでいるのにもかかわらず、あっけなく関係が終わりを迎えてしまう人もいます。

何年経ってもラブラブでいられる女性もいれば、すぐにフラれてしまう女性がいるのは、なぜなのでしょうか?それは彼にどんな姿勢で向き合っているかがポイントになります。さっそく彼との距離の縮め方を見ていきましょう!

彼を深く「理解する」ことが大切

彼を本当の意味で理解している?

長く交際するほどに彼との関係が深まっていく理由の1つとして考えられるのが、彼をどれだけ理解しようとしているかということ。「彼のこと、ちゃんと理解してるもん!」と感情的になるのではなく、本当の意味で彼の気持ちに寄り添っているかどうかが重要になります。そもそも「彼を理解する」ってどういうことなのでしょうか?

言葉の意味をなんとなくわかっているつもりでも、改めてその言葉の意味を調べてみると、気づきが生まれることがあります。辞書で「理解」という言葉を調べると、以下のように載っています。

り‐かい(理解)
他人の気持ちや立場を察すること。
kotobank.jp

この意味を繙いていくと、「理解する」ということは彼の気持ちや立場を、彼が感じていることと全く同じように感じることです。彼が感じるように、あなたも感じるのって言葉では簡単に聞こえますが、実際にはかなり努力が必要なこと。

彼に歩み寄って、彼を理解しようとするのは、ある程度努力が必要になってきます。仲良しのカップルは、仲良くなるための努力を怠っていないということになります。具体的にはどういったことから、歩み寄っていけばいいのでしょうか?

彼の仕事の内容や、状況を理解する

仕事は男性にとって人生の大きな部分だから

彼を理解する上で、仕事のことは重要になってきます。一緒の仕事をするということではなく、彼がどんな気持ちで仕事に取り組み、何を感じているのかを知ろうとすることです。例えば彼が仕事でクタクタに疲れている時には、何がそんなに大変で、どんな風にがんばっているのかという彼の気持ちを理解しようとしましょう。

彼が伝えてくれる言葉だけでは情報が不足している場合には、その業界や職種のことを勉強したり、彼が取り組んでいる仕事内容について学んでいきましょう。彼がどんな気持ちで仕事をしているのかを知っていれば、もし彼と喧嘩をしたとしても「仕事と私、どっちが大事なのよ!」といった怒り方はできないはずです。

彼の仕事を知ることで、彼の置かれた立場を知ることができます。あなたが彼に歩み寄ろうと努力している姿は、大げさに言葉にして彼に伝えなくても、きちんと彼には伝わっています。「彼女が理解しようとしてくれている」という姿勢に、彼はあなたのことをより大事にしたくなるのです。そんな風に自分のことを深く考えてくれる人は、貴重だからです。

養うということを本格的に想像してみる

彼が結婚の話をしてくれないのはなぜ?

交際している彼氏がなかなか結婚の話を持ちかけてくれない、という女性からの恋愛相談が多いのは、なぜだと思いますか?その理由の1つは、結婚するということに対して彼が感じている責任への理解が乏しいことが考えられます。

長く付き合って、その流れで結婚を決意してもらうのがベストですが、男性がなかなか結婚に踏み切れないのは、結婚という契約の責任感を持てないことにあります。結婚はロマンティックなものではなく、生活を共にするという現実的なこと。

結婚前に男性は、いくつもの自問自答を繰り返し、その中で自分なりの答えを導き出そうとします。例えば「もし彼女がいつか妊娠や出産をして、家族が増えた場合に、俺一人で養うことはできるのか?」や「この仕事で一人前の大人の男として、やっていけるだろうか?」など。

その答えに何らかの解決策が見つかった時には、結婚に対して踏み出す勇気が持てるのです。彼がなぜ結婚に踏み切れないのか?という理由を彼氏に期待するよりも、彼の立場や気持ちを想像してみましょう。もしあなたが結婚後、彼の今後の人生を全て養わなければならないとしたら、すぐに結婚に踏み切れるでしょうか?

現実的に毎月お金がかかり、ライフイベントのたびにどのくらいの出費が必要なのか考えてみましたか?彼は大切な人を幸せにしたいと、本気で考えるからこそなかなか踏み切れないのかもしれません。「二人のために私が今できるのは、何だろう?」と考えてみることから、彼へ歩み寄ることができます。

彼の気持ちに寄り添ってみて!

長く付き合うほどに彼を夢中にさせる女性は、彼が考えているよりももっと想像力を働かせて、二人のために今どんなことができるかを考えています。彼の気持ちに寄り添って、理解することから始めてみてはいかがでしょうか。

記事に関するお問い合わせ