無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大人気ファッションエディターに教わる! クローゼットに「残すべき服」の選び方

ファッション

パンパンに詰め込まれたクローゼットから、とりあえず服を引っ張り出して、合わせ、何となく似合っていないな、でも、ほかに着たい服はないし …と悩みながら着る。そんなふうに毎朝服を選んでいませんか? 選ぶときも、着ているときも気持ちよくいられたら、今より、もっともっと快適な毎日を送れるはず。さあ、思い立ったが吉日。お気に入りの服だけが揃うクローゼットを、きょうから目指してみませんか?

“残すべき服”の選び方

ファッション業界で働く三尋木奈保さんは、自分の年齢や体形、立場に合う服を厳選しながら、自分らしいおしゃれを満喫。彼女の最新刊『マイベーシックノート 2』(小学館)から、クローゼットを整理する際に参考にしたい配色やアイテムの組み合わせ、着回しのヒントをいただきました!

【おしゃれ迷子の編集M&ライターT的 こんな悩みが解消されます! 】

●服はたくさんあるはずなのに、きょう着たい服がない

●どんな服が自分に似合うのか、分からない

●いざという日のコーディネイトに時間がかかる

●着ていない服なのに、昔高い価格で買ったため手放せない

●ついつい同じような服ばかり買ってしまう

【自分のスタイルを決めると必要な服が見えてくる!】

「いろいろな服を着てたくさん失敗もしましたが、あるとき、よく着る服って実は少ないと気づいたんです」と三尋木さん。「同じグレーでも自分の肌の色となじむトーンがあったり、体形に合う形があったり。“私に合う配色や組み合わせ、着回しはコレ!”と自分の定番を決めておけば、クローゼットの整理に役立ちます。朝、着る服に迷うことも減り、結果的に時短と節約に!」。

自分に似合う定番配色を決める

ベーシックな色の組み合わせは、2色に絞るとおしゃれ感が引き立ちます。「季節ごとに定番の配色をいくつか決めておくと、毎朝の時短にも」。

【三尋木さんはこうして選んでいます!】

POINT 1 :人からほめられたスタイルを中心に

POINT 2 :試着を繰り返し、肌映りを確認する

【三尋木さんの春夏の定番配色 ベージュ×カーキ】

★大人カジュアルを演出するテッパンのアースカラー

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ