無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知らなきゃ損!スクワットを劇的に効かせる8つのコツ

スクワットを劇的に効かせる8つのコツをご紹介していきます。ただ何となくスクワットを行っているという方は、損をしているかも!効果的なスクワットでワンランク上の美ボディを目指しましょう♡

2018年7月
ビューティ

スクワットは万能すぎるトレーニング♡

ヒップアップだけでなく、下半身全体の引き締めや体幹強化に大いに役立つスクワット。美ボディを目指す女性たちの間では、もはや定番となったトレーニングですよね!

実際に、スクワットを取り入れてからスタイルが劇的に変わった!という方はたくさんいます。下半身の大きな筋肉を鍛えることで代謝アップも叶うため、痩せやすい身体作りにも繋がるんです。

そのスクワット、ちゃんと効いてる?

そんなメリットだらけのスクワットですが、コツをおさえていないと効果は半減!流行っているからと何となく始めるだけでは、疲れるだけでボディラインの嬉しい変化を感じられないことも…

そこで今回は、スクワットを効かせるための大事なポイントをご紹介していきます。知っているといないとでは、結果が変わってきますよ♡早速チェックしていきましょう。

1. 正しいフォームで行う

間違ったフォームは太ももが太くなる!

効かせるために最も大事なのは、正しいフォームで行うことです。間違ったフォームは腰や膝を痛めたり、太ももに無駄な負荷をかけることに!基本的なやり方を今一度見直してみましょう。

1.両足を肩幅より少し広く開き、つま先は斜め前に向ける
2.両手を前に出し、目線は真っすぐ前へ
3.そのままお尻を少し後ろに突き出すようにして、腰を落とす
4.太ももと床が並行になるところまできたら、ゆっくり腰を上げる

2つのポイントを確認

大事なポイントは2つ!1つは、体重を足裏全体にのせること。かかと重心、つま先重心は間違っています。もう1つは耳からお尻が一直線になること。猫背や反り腰になっていないかチェックしてみて。

NGフォームをチェック!

こんなNGフォームになっていないか、チェックしてみましょう。すべてクリアして、初めて効果的なスクワットができるようになります。太ももの前側が痛い場合は、フォームが間違っている可能性が大です!

やりがちなNGフォーム
・膝がつま先より前にでている
・顎が上がっている
・腰を反っている
・かかとが浮いている
・膝が内側に入っている
・前かがみになりすぎている(目線が床へ向く)

2. ゆっくりとした動きで行う

記事に関するお問い合わせ