無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ファッションのプロと収納の達人が語る!「快適すぎるクローゼット」にする秘訣

インテリア

コーディネイトしやすい服選びを実践するファッションエディターの三尋木奈保さんと、クローゼットの整理収納の達人・ライフオーガナイザーのさいとうきいさん。理想のクローゼットについて語っていただきました。

よく使う服をぱっと取り出せる見やすさが何より大切

まず、お二人のクローゼットについて教えてください。

さいとうさん(以下、さ):わが家のクローゼットは狭くて、幅が 82cmしかないんです。そこにトップス、ボトムスとアイテムを分けて、左から右へ、徐々に色が薄めから濃くなるように、見やすく並べています。

三尋木さん(以下、三):私はお恥ずかしいですが、とてもズボラで(笑)。絶対的なルールはなく、おおまかにアイテムごとに固めて、丈の長いものから短いものへと並べている程度。

さ:そうなんですね。朝、服選びで時間がかかりませんか?

三:う~ん、あまりかからないです。そういえば、クローゼットの外に、1つハンガーラックを置いています。お気に入りの服を20着ほど掛けていて、そこにある服を中心に選ぶことが多いです。

さ:やはり、選びやすい工夫があるんですね! 1軍をはっきり見やすい所に置き、2軍以降はクローゼットに。軸となる服を選びやすいから、コーディネイトがしやすいんですね。私は子どもができてから、クローゼットの中身ががらりと変わりました。収納スペースが少ないので、必然的に量を減らす必要があって。同じ頃、会社員からフリーランスになったことで、着る服の傾向も変わりました。

三:環境が変わると、着る服も変わりますよね。

さ:値段が高かったからとか、このスーツはまた着るかもなどと放置していた服を、思い切って手放しました。

三:環境や状況で着る服は変化していくのに、クローゼットの中身は、不思議と時が止まった状態になりがちですよね。

さ:そうなんです。私はZOZOTOWN買取サービスやH&Mの衣類回収プログラムなど、便利なサービスを利用しました。ただゴミ箱に捨てるのでは罪悪感があったので。

三:私は姉とめいっ子が喜んで受け取ってくれるので助かっています。服を手放すには、引き取り先を見つけておくのも大事ですね。

さ:あとは仕事と休日別に分けるとか、スポーツウェア専用の置き場を設けるとか。手放すだけでなく、生活に合わせて並べ替えをするだけで、たんすの肥やしは減ると思います。

いつでもすぐ着られる準備は結果的に自分へのやさしさ

さ:三尋木さんは、着る服がない!と朝、困った経験はあります?

三:昔はしょっちゅうありました。でも最近はそうならないための“準備”を心がけています。

さ:準備とは、例えば?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ