無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ファッションのプロと収納の達人が語る!「快適すぎるクローゼット」にする秘訣

インテリア

「一回着ただけでは洗わないニットやデニム、ストールなど、着替えたときにちょっと置いておくスペースがあると、整理しやすくなります。クローゼット内の空いた所に置くと、散らかることがなくなります」とさいとうさん。

コーディネイトを考えたり、コートの一時掛けにお役立ち

クローゼットの上棚に設置するテンネットの「コーディネートフック&バーセット」は、さいとうさんのおすすめ。「前向きにつるせるのでコーディネイトを考えるときや一度着た服の風通しに。服をちょっと掛ける場所がないというストレスを解消」。

さいとうさんが「生活の変化に合ったアップデートが必要」といえば、三尋木さんも「クローゼットは自分と向き合う場所」ときっぱり。年齢や体型、環境や状況の変化に応じて、常にクローゼットの中身を見直し、快適にしていおきたいですね!

撮影=中田陽子(MAETTICO) ヘア&メイク=chisa(ROI) 編集協力=田中理恵

教えてくれたのは:
三尋木奈保さん
働く女性に支持される雑誌『Oggi』のファッションエディター。自分に似合う服を追求する“リアルで地に足のついた”おしゃれセンスが誌面で反響を呼び、『レタスクラブ』に初登場。
さいとうきいさん
日本ライフオーガナイザー協会運営のWEBマガジン『片づけ収納ドットコム』編集長。スモールスペースを最大限に活用する収納テクニックで、狭くても、物が多くても、スッキリと片づく快適な暮らしを提案。

SMALL SPACES: 狭くても快適に
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ