無料の会員登録をすると
お気に入りができます

転勤族の彼とゴールイン♡結婚生活を円満に送るために大切なこと

転勤族の彼と結婚するには、引っ越しのことや女性側の仕事のことなど、決めておかなければならないことがたくさんあります。そこで、転勤族の男性と幸せな結婚生活を送るために大切なことを知っておきましょう。

2018年7月
恋愛・結婚

転勤族の彼との結婚に不安…

良さも悪さも知れば、大切なことが見えてくる

結婚を考えている男性だけれど、転勤族で不安がある。そんな女性もいるのでは?たしかに転勤族は定住することなく頻繁に引っ越すので、さまざまなリスクがありますが、実はメリットもたくさんあります。

Photo by Crew / Unsplash

そこで、転勤族の彼と結婚するメリットや、結婚生活に対する不安にとことん向き合いましょう。そこから、転勤族の彼と円満な結婚生活を送るために大切なことが見えてくるはずです。

幸せもたくさん!転勤族結婚のメリット

いろんな土地を訪れられる

転勤族だと引っ越すことが多いので、いろんな土地に住んでその場所の良さを体感できます。わざわざ旅行に行かなくてもさまざまな文化に触れることができるでしょう。

土地柄ゆえの不満や人間関係とすぐにサヨナラ

ずっと同じ場所に住んでいると、土地柄ゆえの不満ややっかいな人間関係に巻き込まれた時、一生悩むことになります。定住しようと思っていたのに、悩み事から離れるために引っ越すなんて、さまざまな将来の計画が崩れてしまいますよね。

転勤族なら、そこに住むことによる悩みがあっても「まあ期間限定だしね」と割り切ることができます。すぐにいなくなってしまう寂しさもありますが、大変なことからも離れられるというメリットもあるのです。

物を持ちすぎず快適

Photo by Oliur Rahman / Unsplash

引っ越しが多いので、物を増やさないようにという意識が自然に芽生えます。物を持ちすぎないようになるので、家の中もごちゃつかず、いつでも整理整頓された状態をキープできるというのもメリットです。

社交的になれる

知らない人の中に入っていく機会が増えるので、自然と社交的にもなります。いろんな土地で友達ができて、引っ越してもその土地に行ったらまた会えるので、出かける楽しみも増えるでしょう。

本当に仲良くなった人とは離れていてもずっと友達でいられます。社交的になり、本当に信頼できる人間関係を築けるというのも、転勤族の彼と結婚するメリットの一つなのかもしれませんね。

少しだけお金に余裕

転勤族は収入が良い仕事が多いようです。大きく収入が変わらない場合もありますが、「住宅手当」や「エリア手当」が出ることもあり、お金の面では少し余裕ができる可能性もあります。

家族の絆が強くなる

新しい土地に慣れるまで時間がかかる苦労や、すぐに別れが来てしまうという寂しさもある転勤族。だからこそ、家族だけは味方でいようと自然と仲も深まります。転勤が多いというのは、家族の絆が強くなる環境なのかもしれませんね。

結婚生活の不安・疑問を解消!

不安や不満は我慢するしかない?→お互いが納得できるまで話し合う

転勤族による不安や不満はたくさんあります。仕事を辞めたくない、子どもができてもついていくのかどうか、人との出会いや別れはやはり寂しい、お金はどうするのか…など結婚したその先でも悩みは尽きません。

その悩みを「転勤族の彼と結婚したんだから仕方ない」の一言で終わらせないで。彼がもし「仕方ないじゃん」という姿勢なら、一度結婚は考え直しましょう。

パートナーが不安や不満を抱いているのに放っておく相手は、転勤族かどうかに関わらずNGです。常に寄り添い、お互いに思いやるべきです。将来について、お互いが納得するまでとことん話し合える関係性であることが第一なのです。

結婚のタイミングは?→次の異動を目安に

お互いの気持ちや年齢が結婚のタイミングになることが多いですが、転勤族の彼がいるなら「異動」が一つのタイミングになります。

次の異動が決まる前に結婚のスケジュールを決めたり、次の異動が決まっているなら、結婚をして女性側も引っ越したり。異動時期が決まっている仕事とそうでない仕事もあるので、彼に確認をして結婚のタイミングを考えましょう。

転勤先での人間関係→夫という最大の味方がいるから大丈夫

期間限定とはいえ、転勤先でうまく人間関係を築けなかったり、問題事に巻き込まれたりすると心が疲弊するものです。外でうまくいかなくても、家に帰れば夫という最大の味方がいると考えましょう。

そのためにはやはり夫婦でしっかりと信頼関係を築いておくこと。どんな状況でも「この人となら大丈夫」と思える人となら、転勤族の不安や不満も一緒に乗り越えられるはずです。

仕事が何度も変わる→収入の不安定さはお互いが理解する

転勤先の土地によっては全く仕事がないこともあります。転勤族で短期間しか働けないとわかれば、採用が難しい職場もあるでしょう。

資格を有する仕事なら働き手も多いはず。あるいはクラウドソーシングや在宅ワークなど、どんな場所でもできる仕事に取り組むのもありです。旦那さんの収入が安定しているなら、専業主婦になるのも選択肢の一つ。

女性側が転勤族の男性についていくとなると、女性側の収入は安定しないということをお互いに心得ておきましょう。だからこそ、男性側はきちんと安定した仕事に就いているかというのも大切なことです。

仕事をやめたくない!→単身赴任という選択もあり

やりがいの仕事があって辞めたくないという気持ちがあるのなら、彼に単身赴任してもらうという選択もありです。仕事について女性側だけが我慢することでもありません。

離れている寂しさや、会いに行く時間を作る大変さ、生活費などお金の問題もあります。まずは単身赴任という選択もありなのか。もしするなら気になる点などはよく話し合っておきましょう。

男性側の浮気→お互いを信じるしかない

単身赴任先の家に妻がいない状態で、羽を伸ばす男性もいます。度を超えて浮気してしまう人も…。浮気はする人はしますし、しない人はしません。転勤族かどうかに関わらず、不誠実な男性はNGです。

浮気についても話しておくこと。「しない」とお互いで決めた場合は、お互いを信じましょう。離れている分だけメールや電話など、できる限りのコミュニケーションを取ることも欠かさずに。

定住のタイミング→家庭それぞれ

転勤族は「マイホームを買わない」「定住はしない」という選択をする家庭も少なくありません。とはいえ、やはり定住したいという人もいるでしょうし、マイホームを建てるという選択もあります。

旦那さんの転勤が一段落したときや子どもの進学、住宅補助制度や住宅ローンを受け取れる年齢になったなど、定住やマイホーム建設のタイミングは家庭によってさまざまです。

定住についてどのように考えているのかについても、結婚前から話し合っておくと、将来設計も立てやすくなるでしょう。

円満な結婚生活のために大切なこと

「どこにでもついていく」という覚悟

転勤族の彼だとしても一緒にいたいと思うのなら、「どこにでもついて行こう!」という覚悟が必要です。一ヵ所に落ち着くことはないと心得ておけば、常に次の引っ越しを想定して生活できます。

どこか不安や不満があると、実際に結婚しても心が揺らぎます。彼と結婚するという決意と、共に生きていく覚悟が何よりも大切なのです。

「転勤先を楽しもう」というポジティブさ

転勤族の彼と一緒に引っ越していれば、悩み事もあります。それでも「いろんな仕事で住めるなら旅行よりお得」「寒さが苦手だから南方への赴任なんてラッキー」というポジティブな気持ちを持っていると、不安も減ります。

大変なこともたくさんありますが、良いこともたくさんあるのも事実。思い詰めすぎず、楽観的でいるのも大切なことかもしれません。

「不満は伝える」という素直さ

不満を全て我慢することはおすすめしません。転勤に伴う不安や不満というのは、溜めこんだらあなたがつらいだけ。彼に伝えて一緒に解決していくべき問題です。素直な気持ちを伝え合える夫婦になりましょう。

「どこでも働ける」という仕事のスキル

転勤族には仕事の悩みもつきもの。ついていく女性側がどこでも働けるようなスキルを身につけておくことも大切です。

例えば、在宅でも働けるような仕事をしたり、全国に展開してる会社や業種に就いたり、その職種なら絶対に必要とされる資格やスキルを身につけておいたり、どんな仕事でも活かせるコミュニケーション力を高めておいたり…。女性側だけの負担にならないように、夫婦で話し合って働き方を考えていきましょう。

「彼となら大丈夫」という信頼

転勤族だという前に、結婚したいと考えている彼は信頼できる人なのかどうかが何よりも大切です。悩みや不安があっても向き合ってくれる人なのか。単身赴任で離れても妻を思って頑張ってくれる人なのか。

どんな状況でも、人として信頼できる男性であれば、一緒に生きていくことができます。転勤族だからというより、彼自身を人として信頼できる人かどうかを見極めましょう。

そして、その彼と結婚すると決めたなら、あなたが一番の味方になって、彼を心から信頼しましょう。

幸せのために二人で考えましょう

結婚というのは一人だけの問題ではありません。二人で生きていくと決めたのですから、二人で考えていくことです。転勤族の彼とも、幸せな結婚生活のために、この記事を参考にして二人でとことん向き合い考えていきましょう。

記事に関するお問い合わせ