無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これならお金も貯まりそう♡「節約できる調理の仕方」15選

節約・マネー

調理の仕方で節約ができる!

塵も積もれば山となる貯金

Photo by Jeff Sheldon / Unsplash

料理というのはほぼ毎日する家事ですよね。調理で節約ができれば塵も積もれば山となる、大きな節約となってお金を貯めることにもつながりそうです。そこで、今すぐ始められる、節約できる調理の仕方をご紹介します。

初心者もできる節約調理

①冷蔵庫にある食材だけで献立を考える

基本的なことですが、料理を作るときは買い足さず、冷蔵庫の中にある物を減らすように調理した方が節約になります。1週間分など決められた期間の献立を考え、食材を買い、期間内は買い足さずその食品のみ使いましょう。

どの食品がどれくらい残っているのかを把握する方法も必要です。ファイルに食品をメモした付箋を貼り、食品を使ったら付箋を剥がして管理をしたり。メモ帳に食材を書いて冷蔵庫に貼り、使ったらチェックマークを書いたり。食材を余らせず使い切る工夫も考えましょう。

②揚げ油は数回使い回す

揚げ油は適切な処理をすれば2~3回は使い回せます。ただし“適切な処理”が必須です。油は劣化しやすく、間違った方法で使い回したものを使うと体にも良くありません。

1度油を使ったら、揚げカスを網ですくい取り、こし器でこします。このとき、ペーパータオルなどを敷いてこすことで汚れが入りません。オイルポットなどを利用すると便利です。

しっかりと密封し、冷暗所で保管。そしてなるべく早い期間に使いきりましょう。油を廃棄する目安もチェック。

■こうなってたら油は捨てる!

・濃い茶色
・にごっている
・泡が消えにくい
・180度に熱してもう煙が出る
・粘りがある
・嫌なニオイがある

③お弁当のおかずは夕食から取り分ける

料理はたくさん作り置きしておいた方がガス代の節約になりますよ。夕食のおかずを余分に作って、翌日のお弁当のおかずとして取り分ければ、調理時間も短縮できてラクできます。

作り置きでお弁当も夕食も簡単に♡@yukirichi119さんに学ぶ常備菜の活用テク

週に1回3時間の作り置きで、日々のお弁当作りやごはん作りがグッと楽になる! 自称ズボラでめんどくさがり屋の人気インスタグラマーゆきりちさんだからこそ生まれた、簡単で特別なことをしない数々の常備菜ワザや盛り付けワザ、お弁当にも食卓にも活躍するレシピをご紹介します。
7065
記事に関するお問い合わせ