無料の会員登録をすると
お気に入りができます

男性視点から徹底解説!「女」を感じる5つの瞬間とは?

普段は異性として意識したことがなかったのに、ふとした瞬間に男性が女性らしさを感じる瞬間はどんなタイミングなのでしょうか?恋愛対象になかった女友達を恋愛対象として意識してしまう瞬間についてまとめてみました。

2018年7月
恋愛・結婚

ふいにドキドキしちゃう!

男性がある瞬間をきっかけに、女友達に対して女性らしさを感じてしまう時があります。今まで全く恋愛対象になかったのに、もし付き合ったらどうなるんだろうと想像したり、将来のことまで妄想してしまうのは、その女性の魅力に気づいたからかもしれません。

Photo by Brooke Winters / Unsplash

過度な露出・スキンシップはむしろマイナス

一般的に男性がドキドキしてしまう瞬間と言えば、身体的な女性らしさを感じた時やスキンシップをされた時と言われています。しかし女性側からすれば、真剣交際に発展するような女性らしさを感じてほしいのであって、ワンナイトや行きずりの恋に発展したいわけではないですよね。

Photo by Catherine McMahon / Unsplash

そうなると過度に肌を露出することや、スキンシップは逆にマイナスになってしまいます。恋人関係でもないのに、そのようなことをするという事は、他の男性にもしているのではないかと思われてしまうからです。今回は男性がドキドキしてしまう瞬間をまとめてみました。

⒈好意があることを第三者から聞いた時

噂か本当か、気になる

自分のことを好きだという話を友達や周囲の人から聞いた時には、多少なりとも相手のことを意識してしまいます。例えば「どんな人と付き合いたい?」といった質問した時に、自分の名前が上がったという話はテンションが上がります。

今まで意識していなかった女性であっても、どんな女性なんだろうとその後注目してしまいます。本人から直接告白されるのも嬉しいですが、それよりも第三者から聞いた場合にはよりリアルに感じられるからです。

⒉告白されたとき

直接告白をされたとき

LINEや電話ではなく、直接本人に呼び出されて告白をされたときには、ドキドキします。今は手軽にLINEや電話などで気持ちを伝えられる時代だからこそ、直接会って告白されることに相手の真剣な気持ちを感じます。

⒊悩んでいる時や寂しい時

ふらふらと気持ちが揺れそうになる

精神的にも肉体的にも疲れ切っていて、気持ちに余裕がないときに優しい言葉をかけられたり、暖かい心遣いをされると気持ちが揺れそうになります。気持ちに余裕がないときには、より感受性が豊かになっているのかもしれません。

例えば仕事やプライベートがうまくいっていないときに、相談にのってもらったり、自分が1番求めている言葉をかけてくれる相手には、心が揺らぎます。その時すぐに関係が発展しなかったとしても、今まで感じてこなかった女性らしさを感じるきっかけにはなります。

⒋おいしい手作り料理を食べた時

胃袋つかむことは大事

男性は家庭的な女性が好きなもの。遊びに行った時に部屋がきれいだったり、生活力が高かったりすることも重要であるように、おいしい家庭料理を作ることも大切です。実家で食べたような素朴な家庭の味が再現されているときには、つい感動してしまいます。

⒌笑顔が可愛かった時

幸せそうな女性と一緒にいたい

女性らしさというよりも、 その人の魅力を一番感じやすいのは、笑顔を見たときです。キメ顔をしている時や爆笑してる時ではなく、話しているときに自然な笑顔で口角がしっかり上がっている時です。

自分のプライベートや仕事の運までも上げてくれそうな女性を男性も探しています。一緒にいると幸せになれそうな女性と出会ったときには、その人の魅力だけではなく女性らしさまでも感じてしまいます。

女性らしさを意識させてみて

魅力をきちんとアピールされると、ドキドキ

女性らしさを感じさせるということと、下心を刺激するということは全く別のことです。安易に下心を刺激してしまうと、真剣交際に発展しにくくなってしまいます。なりたいのは遊びの女ではなく、本命彼女ですよね。ふとした行動や表情は、日々の生活の積み重ねから生まれます。なので自分の気持ちに正直に行動していきましょう。

www.pexels.com
記事に関するお問い合わせ