無料の会員登録をすると
お気に入りができます

長く愛される彼女に♡ 彼氏の話を上手に聞く5つの方法

長く愛される彼女の特徴の1つとして、彼氏の話を上手に聞くということがあります。上手く話を聞くことができるだけでも、彼とより良い関係を築くことができると思います。そこで今回は彼氏の話を上手に聞く方法をまとめてみました。

2018年7月
恋愛・結婚

長く愛されるにはどうしたらいいの?

彼氏と長く交際が続くコツの1つとして、話の聞き方が重要になってきます。彼の近況報告や仕事の内容など、話を聞く機会は増えるでしょう。彼女に話すことによって、癒され、励まされ、絆が深まるカップルもいる一方で、関係がうまくいかなくなってしまうというカップルもいます。

彼の話を聞いているだけなのに、ラブラブになったり、その逆になってしまったりするのには、どんな違いがあるのでしょうか? 話を聞くにはコツがあるのです。上手な話の聞き方をまとめてみました。

1.受け身になりすぎない

聞き上手な女性がモテるというのは、よく言われますよね。それを目指して自分なりに彼の愚痴を聞いているものの、彼氏のことを癒すことができずに悩んでいる女性もいると思います。聞き上手として、一般的にイメージがあるのは彼氏の話に相槌を打つだけの女性。

とにかく彼の話を何でも肯定的に受け入れて、愚痴も不満も全て聞いてしまうのです。お付き合い初期は彼氏のどんな話でも聞いてあげようとするでしょう。しかし時間が経っていくうちに、彼氏の長い話を聞くことにストレスを感じ、会話そのものが楽しくなくなってしまうのです。上手に話を聞くにはどうしたらいいのでしょうか?

2. 彼氏以上に喜び、悲しむ!

話を聞くたびにポイントになるのは、彼が話しているのをただ聞くのではなく、巧みに彼氏の話を引き出し、彼氏がうれしかったことを本人以上に喜び、腹の立ったことを本人以上に怒ってやることです。聞き上手な女性たちは、愚痴のバキュームカーではありません。

Yuri on Instagram: “・ ・ ring/ @lips.youth.accessory  bangle/ @titivatejp ・ ・ ・ 20代の頃 毎日一緒に過ごしていたのが懐かしい職場の仲間たちと🍕☕️🍴♡ 沢山笑った。忘れたくないこといっぱい。  @sim_mio &…”
instagram.com

彼氏を甘えさせて、共感し、最強の味方になってあげられるような女性のことを言います。リアクション豊かな彼女と話すと、彼も楽しい気持ちになります。

3. 基本はオウム返しでOK

相槌打つときには、ただ黙ってうなずくのではなく、合いの手を入れるように、彼が話しやすいような言葉を挟んであげましょう。基本は彼が使っている言葉を、そのままオウム返しに真似すること。

例えば彼が「今日すごく良いことがあったんだよね」と言ったら、「そんなすごい良いことがあったんだ! どんなことがあったの?」、「今日上司がすごくムカつくことをしてきたんだ」と言ったら、「むかつく上司って言ってたもんね。どうしたの?」といったイメージで聞くようにします。

基本的には同じ言葉を繰り返しているのですが、彼は自分の言葉を真似されているとは感じず、あなたが許可してくれている、同調してくれていると感じます。相手の言葉を繰り返し、その後話を促すように質問してみましょう。ただ聞くだけだと退屈に感じるかもしれませんが、質問をしていくことによって話がどんどん展開していき、2人の会話もはずんできます。

4. みんな自分のことを聞かれるのは大好き!

キャバクラやクラブなど、お金を払ってでも女性と話しに行きたい男性が減らないのは、なぜだと思いますか? それは自分の話を聞いてもらいたいのに、聞いてほしいはずの妻や彼女がちゃんと話を聞いてくれていないと感じるからかもしれません。

記事に関するお問い合わせ