無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ちいさな不調を整える、お家でできるふだんのケア。銀座ではじめてのお灸教室へ

できるだけナチュラルに体調を整えたいと考える人におすすめなのがお灸。いま、若い女性の間でも、薬に頼らず、肩こりやむくみなどのケアに取り入れる人が増えています。よもぎから作られたお灸は冷えに有効で、とても簡単に取り入れることができるんですよ。今回は、銀座にある「せんねん灸 お灸ルーム」で、お灸教室に参加してみました。

朝光洋理

美容

できるだけナチュラルに体調を整えたいと考える人におすすめなのがお灸。いま、若い女性の間でも、薬に頼らず、肩こりやむくみなどのケアに取り入れる人が増えています。よもぎから作られたお灸は冷えに有効で、とても簡単に取り入れることができるんですよ。今回は、銀座にある「せんねん灸 お灸ルーム」で、お灸教室に参加してみました。

銀座にある、お灸専門店が行うワークショップ

さまざななタイプのお香が並ぶ1階の「せんねん灸 ショールーム銀座」

東京メトロ銀座四丁目駅から徒歩3分ほど。「せんねん灸 ショールーム銀座」は、お灸を扱う専門店です。店内には、お灸製品がずらりと並んでいます。

こちらの3階「せんねん灸 お灸ルーム」では、鍼灸師(しんきゅうし)の先生による治療のほか、セルフケアができるお灸教室が毎日開催されています。今回、編集部は「初めてのお灸入門」という講座に参加しました。教室は畳が敷かれ、リラックスできる雰囲気。プロの先生が指導してくれるので初心者も安心です。

お灸の原料「もぐさ」って?

左:もぐさになった状態 右上:大月のお灸 右下:乾燥させたよもぎ

先生がお灸について解説しながら見せてくれたのが、お灸の原料になる「もぐさ」。もぐさとは、よもぎの葉の裏にある白い繊維を集めて作られたもの。体を温める効果のあるナチュラルな素材です。

からだに直接もぐさを置く治療もありますが、台座上のもぐさに火をつける間接的なタイプが一般的。やけどの心配もありません。こちらは肌側にシールが付いていて、ずれたり、落ちたりすることがないので安心です。

自分のツボをお灸で温めます

合谷(ごうこく)は、血行を良くして代謝を高めるツボ

お灸について学んだら実践です。まずはお灸をすえるツボを探していきます。

分かりやすいツボといえば、手の甲の親指と人差し指の付け根のあいだにある「合谷」。押すと、軽く痛みを感じる場所です。早速火をつけたお灸を乗せてみましたが、なぜかあまり熱を感じません。

お灸に火をつけるときは、シールの台紙をはがしてから。火の向きに気をつけましょう

内くるぶしから指幅四本ほど上の「三陰交」は冷え症におすすめ。火を使わないタイプのお灸でじんわり30分温めて

先生に伺うと、「お灸をしても温かいという程度で熱さを感じない、というのは、正しいツボである証拠なんです」とのこと。熱さを感じないくらいめぐりが滞っているということなのだとか。お灸の火種が消える直前に、やっと温かさを感じはじめました。そのことを伝えると、「それで大丈夫です」

「ひとつのお灸で熱さを感じなければ、続けて同じ場所にするのもOKです。でも、連続してお灸をする場合は3つまでにしてくださいね」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ