無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏バテ解消にも…お悩み別“ヨガポーズ”6選!

暑さによるだるさや体のむくみなど、いわゆる“夏バテ”といわれる症状に悩まされる人は多いもの。そこで、さまざまなトラブルを根本から解決する、お悩み別のヨガポーズをご紹介。

美容

「例えば、下半身の冷えは筋肉量の少なさに原因があるので、下半身を鍛えるポーズが効果的、といった具合に、不調の原因にダイレクトにアプローチすることが肝心です。朝に限らず、調子が悪いと感じたら実践してみるといいでしょう」(ヨガ講師・サントーシマ香さん)

下半身が冷える。

「冷房の効いた室内にいたり、冷たいものを飲んだり…女性を悩ます“冷え”は夏場こそ注意が必要。冷えにくい体をつくるためには、体の中で筋肉量の多い下半身を強化することがマストです。“馬のポーズ”はスクワットの姿勢を保つために、下半身の筋力が必要となるポーズ。脚を大きく開くことで、特に太ももの内側につく内転筋群を鍛えることができます」

【馬のポーズ】

胸の前で手を合わせ、息を吸いながら足を左右に大きく開き、吐きながらつま先を外側に向ける。一度息を吸い、吐きながら膝を曲げて腰を沈める。下がりきったところで呼吸を繰り返す。

冷えて頭痛が…。

「頭痛の原因はいろいろと考えられますが、この季節に多いのが、冷房が直接首まわりにあたることからくる“冷え”と“血流の悪さ”。これは首から背中をしっかりほぐしてあげることで、症状が和らぐこともあります。“鷲のポーズ”は、本来立って行いますが、座位ならより簡単に。首肩の上部僧帽筋などを刺激して血流を活性化し、コリ解消につながります」

【ガルーダアーサナ(鷲のポーズ)】

正座して腕を交差させる。息を吸いながら手のひらを顔の前で合わせ、吐きながら肘を胸の高さまで上げる。この状態で数呼吸。さらに肩甲骨を動かし左右に回す。反対側も同様に。

イライラする。

「原因不明のイライラは、自律神経の乱れから生じている場合も。まずは呼吸を整えて、心身ともにリラックスした状態に導くことが大事です。腹式呼吸を4‐7‐8のリズムで行うと、副交感神経が優位になるので効果的。息を吐く時にお尻の穴を締めながら腹部をへこますと、横隔膜と腹横筋、骨盤底筋が穏やかに刺激され、お腹の内側からぽかぽかと温まるはず」

【4‐7‐8呼吸】

あぐらをかいてお腹に両手をあてる。4カウントで鼻から息を吸う。そのまま7カウント息を止めてから、口から8カウントかけて息を吐ききる。これを気持ちが落ち着くまで繰り返す。

だるさが残っている。

「朝、布団から起き上がれない人に試してもらいたいのが、このポーズ。目覚めのスイッチである背骨を緩やかに伸ばすことで、血流が改善してだるさが和らぎます。また、お腹と太ももが密着する姿勢は、呼吸を深く感じやすいのもポイント。強いコーヒーで覚醒するというよりは、白湯を飲んでじんわりと体がほぐれるような、やさしい目覚めのポーズです」

【子どものポーズ】

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ