無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もしかして彼に尽くしすぎ?「貢ぎ癖」のある女性の特徴8選&改善法

彼が欲しいと言っていたものはなんでもプレゼントしたり、積極的に奢ってあげたり…。恋人に尽くしている姿は素敵ですが、もしかすると貢ぎ癖があるのかもしれません。

2018年7月
恋愛・結婚

彼のためならお金はいくらでも出す!

もしかして「貢ぎ癖」なのかも

何もないときに彼にプレゼントをあげたり、彼が欲しいと言っていた物を買ってあげたり、デートのときは必ず奢ってあげたり…。一見献身的な女性のようにも感じますが、もしかするとそれは「貢ぎ癖」かもしれません。

恋人に尽くすのは素敵なことですが、彼の態度が大きくなったりぞんざいに扱われたりと、男性から「都合のいい女」扱いされてしまうかもしれません。そこで、貢ぎ癖のある女性の特徴を知り、改善する方法を学んでいきましょう。

1.自己評価が低い

自信をつけるならお金より成功体験

自己評価が低い女性は、恋愛においても自分に自信がありません。自己評価の低さから「彼が浮気しているかも」「どうせ私なんて」と考え、貢ぐことによって彼の気持ちをつなぎとめておきたいと考えてしまいます。

自分ではなくお金でつなぎとめるからこそ安心できるのかもしれませんね。しかし、お金をいくら出したとしても自信はつきません。まずは彼ではなく自分と向き合いましょう。

自分がすべきこと、頑張りたいことに対して努力します。その結果や成果を成功体験として積み重ねるのです。そうすれば少しずつ自信がついて、お金を出して関係性を築く必要もなくなります。

2.人の意見に流されやすい

嫌われる勇気を持つ

他人の意見に流されやすい人というのは、良く言えば周りに合わせることができる人です。周囲に不和が生まれるくらいなら、自分が我慢した方が良いと考えているのかもしれませんね。

そのため、恋人に対してかなり貢いでいる状況に「おかしいかな?」と自分が思っても、恋人に「普通だよ」と言われたらその違和感を飲み込んでしまうのです。

おそらく人に嫌われるのが怖いのでしょう。それは誰でも同じです。しかし、貢ぐのをやめて怒る人なら、将来を考えられる関係ではありません。そんな人なら嫌われても大丈夫。なので、嫌われる勇気を持って貢ぐのをやめてみましょう。

記事に関するお問い合わせ