無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もしかして彼に尽くしすぎ?「貢ぎ癖」のある女性の特徴8選&改善法

彼が欲しいと言っていたものはなんでもプレゼントしたり、積極的に奢ってあげたり…。恋人に尽くしている姿は素敵ですが、もしかすると貢ぎ癖があるのかもしれません。

2018年7月
恋愛・結婚

3.信じ込みやすい

客観的な視点を持つ

逆に周りの言うことを聞かず、自分が信じることだけを信じてしまうタイプも貢ぎやすいです。というのも、貢ぎ癖があることを周囲に指摘されても、それはただの愛情だと信じ込んで受け入れないようになってしまうからです。

彼に夢中なのは一途で素敵なことですが、客観的な視点を持つことも大切にしましょう。自分とは違う視点から彼を見つめたり、周囲の意見も聞いたりすれば、自分の状況が「貢いでいる」ことに気づけるはずです。

4.母性本能・包容力が強い

自立した大人は自分で何とかしようとする

母性本能が強く、彼に対して「守ってあげたい」「何とかしてあげたい」と思い、貢いでしまう人もいるでしょう。母性本能が強い人はとても優しく、その性格自体はとても素敵です。

しかし、その優しさを悪用する男性もいることを心得ましょう。彼が本当に困っているとしても、まず誰かに頼るより自分で何とかしようとするはず。それが自立した大人の姿です。

彼が努力もせずあなたを頼ってきたのだとしたら、最初からあなたに何とかしてもらおうと甘える気持ちが出ていたということ。それはあなたを利用しようとしているだけだと気づきましょう。

5.恋愛に対して依存体質

依存先を分散する

恋愛をすると彼のことばかり考えて、いつも恋愛を優先させるようになり、彼と少しでも離れると不安になる…。それは彼や恋愛に対して依存体質なのかもしれません。

彼と別れることが何よりも怖いので、そうならないために貢ぐことで安心したいのです。恋愛を失ったとしても、頼るところがたくさんあればまた立ち直ることもできます。

なので、恋愛以外にも依存できる場所を増やしましょう。やりがいを感じている仕事、頼りになる同僚・上司、何でも話せる友達、いつでも味方の家族…。依存先を分散すれば、恋愛だけに固執することはありません。

6.恋愛に不器用

記事に関するお問い合わせ