無料の会員登録をすると
お気に入りができます

浪費女子でも家計簿ナシで貯まる♡アラサー夫婦のラクちん家計管理術

貯金しようと思い立ち、「まずは家計簿から」と始めても、つい3日坊主になってしまったり、収支が合わなくて挫折してしまったり...。1ヶ月続いたとしても、「ただつけているだけ」で実際に貯金はできていなかったり。そんなマネー音痴の女性を救済するこの企画。
貯まる仕組みを一度作ってしまえば、あとはほったらかしでOKという画期的な家計管理の方法を、お金のプロ・花輪陽子先生に取材しました。

取材・文/村越克子 イラスト/EBI

2018年8月
節約・マネー

貯金50万円以下の夫婦...

「浪費女子」代表・ユミさん(34歳)

夫(38歳)とふたり暮し、東京都在住の34歳。自身はメーカーの事務職、夫はサービス業。住まいは駅から徒歩8分、築20年の賃貸マンション。「生活費として月に3万円ずつ出し合って、共通財布に入れていますが、使ったお金を清算するのが面倒で機能していません。近いうちに子供も欲しいし、都内にマンションも買いたいですぅ」とのこと。

今回マネー指導をしてくれるのは...

ファイナンシャルプランナー・花輪陽子先生

メディアでも活躍しているファイナンシャル・プランナー。大学卒業後、外資系投資銀行に入社。OL時代は買い物好きでクレジットカードを使い放題。リボ払いの残債が200万円にもなったという、元“貯まらん女子”。結婚後、リーマンショックのあおりで夫婦同時失業を経験。いざというときのお金の大切さに目覚め、猛勉強の末、ファイナンシャル・プランナーに転身。
2015年から生活の拠点をシンガポールに移し、セミナー講師など幅広く活躍。

花輪陽子先生 公式サイト

毒舌うさぎ先生のがんばらない貯金レッスン

日本文芸社

¥ 1,200

これといった贅沢はしていないのに、なぜか貯まらない人、急な出費でいつも慌ててしまう人でも、1年間で100万円、ムリなく貯める方法を解説した一冊。毒舌うさぎ先生がときに厳しく、ときにやさしくアドバイス。漫画とイラスト入りでわかりやすく、お金オンチ女子にもおすすめです。

商品詳細
毒舌うさぎ先生のがんばらない貯金レッスン
www.nihonbungeisha.co.jp
商品詳細

まずはユミさんの家計簿を拝見!

食事はほとんど作りません...

「朝食は、夫は食べません。私はコンビニパンとスタバでコーヒーを買って出社します」とユミさん。聞けば、ほとんど自炊することはないのだとか。「昼食は、夫は仕事が忙しくて時間がないので、コンビニおにぎり程度、私は同僚と外食ランチが多いですね。夕食は、夫は定食屋か飲み会。私はスーパーの惣菜か定食屋、カフェなどへ。帰りにコンビニでスイーツや缶チューハイを買うのが習慣になってます。私も週2日くらいは飲み会があり、1回6000円程度かな」とのこと。

ユミさんひとりの食費に1日3000円はかかっていそうな計算。外食代と飲み会代を合わせると、ひと月に妻9万円、夫4万円の食費支出。このほか、週末は夫婦で外食し、月に4万円くらいかかっているようです。

自分磨きには お金をかけたいんです~!

教養・趣味・娯楽費の内訳は、ユミさんのスポーツジム1万4000円、ヨガ1万5000円、英会話スクール2万1000円。単発で美肌セミナー(1回3000〜2万円)などによく行くそう。ボーナスが入ると、年に1回くらいはとブランドもののバッグを購入するほか、ジムのパーソナルトレーニング1回7000円、エステ1回8000円のものを10回分の回数券で買うことがあるとか。「全部合わせるとかなりの金額になりますが、自分磨きのための投資だと思っています」とユミさん。

夫の趣味は映画鑑賞と読書。レンタルではなく、DVDや本を買って手元に置きたいタイプなので、月1万円くらいは使っているそうです。

ファッション・美容の内訳は、ユミさんの美容院代1万5000円、洋服代3万円、夫のヘアカット代5000円。
「私は1カ月半に1回程度、美容院でカット、カラーリング、トリートメントをします。洋服は主に通販で購入。よく失敗しますが、1着ずつは安いので、ま、いいかな~と思ってます。

でも、服はプチプラを選んでいるし、ハイブランドのものを買うのはボーナスのときくらい。食事も定食屋さんなどで安く済ませようとしているし、そんなに贅沢はしていないと思うのですが...。旅行に行きたくても貯金が無くて行けないのが悩みです」(ユミさん)

記事に関するお問い合わせ