無料の会員登録をすると
お気に入りができます

付き合って気づく♡彼と一致していたい価値観10選

彼と付き合ってみて「なんだかしっくりこない…」と思ってしまったことはありませんか?それは価値観のズレがあるからです。そこで、恋愛をするなら一致していたい価値観についてご紹介します。

2018年7月
恋愛・結婚

恋愛にも価値観がある

彼と一致していたら過ごしやすい♡

さまざまなことに価値観があるように、恋愛にも価値観があります。付き合っていて「居心地が良いなぁ」と感じれば価値観が一致しており、逆に「何か合わないな」と感じるのは価値観に相違があるのでしょう。

そこで、付き合ってみると気づく恋愛の価値観についてピックアップ。彼とこの先付き合ってうまくいくのか、価値観を見極めましょう。

恋愛の価値観

①連絡・デート・スキンシップの頻度

恋愛においてのコミュニケーションといえば、連絡を取り合ったり、休みが一緒ならデートしたり、大人の関係になったり…。「付き合う」といっても、付き合い方にはそれぞれ考えの違いがあります。

淡白な付き合いが良いという人は、何日も連絡しなくても平気です。逆に好きな人とは短い時間でも毎日会いたいという人もいます。

理想とするコミュニケーションの頻度があまりにもかけ離れていると、お互いが不満を持つことになってしまうかもしれません。

②恋人との距離感

どこまで相手に踏み込むのか、恋愛においての相手との距離感にも価値観の違いがあります。相手のことが好きだからこそ何でも知りたいと、相手の携帯やスマホのチェックまでする人もいるでしょう。

それでも良いという人もいれば、束縛されているようでやり過ぎと考える人もいます。対照的に相手のプライバシーは尊重し、お互いに話さないことがあっても良いと考える人もいるでしょう。

どちらが正解というのはなく、恋人との距離感は人それぞれ。お互いにその距離感が一致していると、居心地も良いはずです。

③浮気

恋愛において不安要素となるのが恋人の浮気。「ダメだとわかっていても浮気する人」や「絶対に浮気をしない誠実な人」など、いろんな人がいます。

また、浮気された側も「浮気は絶対に許せない」「浮気しても戻ってきてくれるならいい」など許さないor許すと意見も分かれます。

浮気に対する考え方というのも人それぞれ。何よりも大切なのは、本当に相手のことを大切に思ってくれているかどうかなのではないでしょうか。

④ケンカからの仲直り

お互いに好き合っていても他人なのでぶつかることはあります。それに対してケンカをしてとことんぶつかりたいか、できれば穏やかに過ごしたいからケンカは避けてどちらかが妥協するか、考え方に違いがあるでしょう。

また、ケンカしてお互いが納得できるまで話し合うか、お互いが冷静になれたら流れにまかせて自然と仲直りするか。解決法にも価値観の違いがあります。

ケンカについての価値観が一致しないと、お互いの行動が癇に障り、いつまで経っても仲直りができなくなってしまいます。ぶつかるときや解決法については、ケンカをする前なら冷静に相手の考えを聞けそうです。

結婚まで見据えた価値観

⑤結婚・夫婦の考え方

恋愛を続けていけば、将来的に結婚も考えるでしょう。人生の節目となる結婚についても、さまざまな価値観があります。

Photo by Drew Coffman / Unsplash

プロポーズや結婚式について、結婚生活、お互いの家族への対応、結婚してからの働き方、マイホームや子どもなど将来のビジョン…など。結婚を前提に交際するなら、臆せず将来についても話し合いましょう。

⑥金銭感覚

お金に対する考え方も一致していないと、付き合っていくのは難しいです。浪費家からすればお金を制限されるのはつらいでしょうし、倹約家からすれば深く考えず散財するのはやめてほしいでしょう。

また何にどれだけお金をかけるのかという問題もあります。生活する上でお金は避けて通れない問題なので、腹を割って話す機会が必要です。

⑦仕事への意識

仕事に対する意識も人それぞれです。やりがいがあるからこそ自分にできることは十二分に頑張りたいという人。食べられる分のお金がもらえるならそれなりに頑張って、自分のプライベートを充実させたい人。

仕事とプライベートのどちらを優先させるのかという場面で意見の相違が生まれ、うまくいかないこともあるかもしれません。違いがあってもその違いを受け入れれば、お互いを尊重して付き合っていくこともできるはずです。

⑧住む環境

結婚を見据えた付き合いならば、将来的には一緒に住みますよね。住居に対するこだわりというのも大切な価値観です。

どこに住みたいかという「場所」、キッチンは広い方が良いなど「家本来」のこと、ソファだけは良い物を買いたいとか「インテリア」、掃除の頻度など「部屋内の環境」。住む環境は二人の生活にも深く関わるものです。

⑨生活スタイル

違う人と一緒に生活すると、地味な違いがあることに気づきます。休日でも早起きするか寝坊するか、きれい好きかあまり気にしないか、お風呂に入るタイミング、バスタオルを洗う頻度…など。

小さなことですが、違いがありすぎると不満も募ります。どちらか一方が正しいということではなく、お互いを理解しようと擦り合わせる気持ちも大切です。相手のやり方を受け入れると、その良さに気づけるかもしれませんよ。

最終的にはこれが大切

⑩男と女

今まで付き合った人や関わった人によって、個々に抱いている男女に対する価値観があるでしょう。それを持ち出して、「男は浮気するものだ」と言い訳したり、「女だったら…」とさげすんだりするのは良い男性とは言えません。

Photo by Parker Whitson / Unsplash

男と女であっても、人と人。100人いれば100通りの価値観があります。男だから、女だからと当てはめず、目の前の人と向き合う気持ちを大切にしましょう。

彼との仲が深まりますように

恋愛のさまざまな価値観を知ることで、彼の本音に気づけることもあります。価値観の違いがあっても理解し合おうという気持ちがあれば大丈夫。この記事が彼との仲を深める手助けになれば幸いです。

記事に関するお問い合わせ