無料の会員登録をすると
お気に入りができます

即「本命彼女」候補! デキる女性だな♡と男性が思う4つのポイント

女性が男性を「彼氏候補枠」「友達枠」に分けるように、男性も女性を「彼女候補枠」「セフレ枠」「友達枠」に分ける傾向があります。本命彼女候補になる女性の特徴をお伝えします。

2018年7月
恋愛・結婚

では、どういった女性なら結婚対象に入りやすいのでしょうか? それは自分磨きや将来のための自己投資をしたり、自分の夢に向かって努力している女性です。一昔前の男性は「女性には家にいてほしい」と考えていましたが、今の男性は「女性も働いて、自分の人生を楽しんでほしい」という人が多いようです。

男性は、生涯を共にする女性には、人生や仕事面でも一緒に成長していきたいと考える人が多いのです。ずっと専業主婦でいるよりも、特技を活かした仕事に就き、将来を考え、生きていくパートナーを探しています。美容だけでなく、内面磨きをしている女性は、隣にいて自慢できる存在といえるでしょう。

⒊経済的に精神的に自立してる?

男性は頼られると嬉しいと感じる面もありますが、甘えるだけの女性でいいかというとそれも違います。金銭的にも精神的にも自立できている女性を求めています。

「ひとり暮らしだから自立している、実家暮らしだから自立していない」と決めつけるのは極論すぎますが、しかし30歳を過ぎても親からお小遣いをもらってるなど、親のスネをかじっているイメージを持たれるとマイナスイメージになる場合も。彼氏や周りの友達からも、自立していない女性として敬遠されてしまいがち。

精神的にも経済的にも自立するために、一人暮らしを始めるのはひとつの方法。親の仕送りなどに頼らず、自立を目指してみるのをオススメします。最初は大変ですが、料理・洗濯・掃除などを経験してみると、発見があることでしょう。

実家暮らしの女性に多いのは、「結婚したらやる!」という発言です。ダメンズはこの言葉を鵜呑みにしますが、デキる男性から見切りをつけられる可能性が高いです。デキる男性は、人の本心を見抜くことに長けています。

誰かに依存したり、人より楽をしようとする意地汚さや下心が見え透いているのです。早いうちに苦労は経験する方が、人間としての成長も早くなります。

⒋立ち振る舞い

男性は女性の立ち振る舞いを見ています。何を考えているのかが、行動や表情に表れているから。

・人前で媚売っているのかどうか
・権力のある人に依存していないか
・自分自身のあり方に自信を持っているか
・偉そうではないか

以上のようなポイントが見られています。30歳過ぎて上記が当てはまるようでは、恋愛対象にならず、取り残される場合も。

恋愛市場で「年収や権力」などを評価されがちな男性は、年々その魅力を増やしていくことが可能です。その一方で、女性の市場価値のひとつである「可愛いさ」や「若さ」などは年々低下していくもの。この価値観だけに囚われた女性は、年齢とともに価値が落ちていきます。そこで、若さや外見以外の魅力を磨くことが大切なのです。

記事に関するお問い合わせ