無料の会員登録をすると
お気に入りができます

たっぷり収納してすっきり見せる♡収納上手な人のクローゼット収納術

ライフスタイル

「クローゼットに収まりきらず、部屋に物が溢れている」、「探し物をしているうちにクローゼットの中がグチャグチャになってしまう」。そんな経験はありませんか?今回は使いやすさ満点のクローゼット活用方法を紹介します。

■帽子は「あんこ」を詰める

湿気や衝撃に弱い帽子は、通気性のいい箱に入れてしまっておきたいところですが、ひとつひとつ箱に入れるのは大変。そこでマネしたいのが帽子屋さんのテクニック。「あんこ」と呼ばれるクッション材を詰めることで、型崩れやヨレのリスクを軽減できます。あんこは、クラフト紙を軽く丸めたものでも代用可能です。

■ダウンジャケットは布バッグに入れて収納

かさばる羽毛製品はクルクルっと丸めてコンパクトに。通気性に優れた巾着型の布バッグに入れると小さい状態をキープしたままホコリの付着を防げます。羽毛布団も同じ方法で収納可能ですが、普通の布団は圧縮収納袋、普段使いの布団は出し入れがラクにできる専用ワゴンがおすすめです。

ちょっとした工夫でクローゼットは劇的に使いやすくなる

最後に、理想的なクローゼットをつくる上で欠かせないテクニックをいくつか紹介します。収納術ではありませんが、どれもとても簡単なのでぜひ試してください。

■クローゼットを美しく見せる秘策はハンガーにあり

ハンガーの色や形がバラバラだったり、ハンガーから服がずり落ちていたり、ハンガーをスライドできないほど服がぎっしりと掛かっていたり…。いくらきれいに収納しても、ハンガーのせいで見栄えや使い勝手が落ちてしまうことがあります。
美しいクローゼットを目指すなら、スカート用、コート用、ストール用など、用途に合わせてハンガーを正しく使い分けると同時に、ハンガーのテイストを揃えてクローゼット全体のまとまり感を強調してください。

ハンガーを選ぶ際にチェックしたいポイントは
・耐久性(破損しにくい)
・薄型(省スペースですっきりと見せられる)
・服がすべりにくい素材(ストレスなくハンガーをスライドできる)
・地味色(視覚的に落ち着いて服も選びやすくなる)
の4つ。少々値段が張っても、長く愛用できるものを選んだほうがコストパフォーマンスはいいようです。

■クローゼット内部にライトを取り付ける

奥まで光が届かないクローゼットはいろんなものを見落としがち。電池式の簡易ライトでもいいのでクローゼットの中を照らすようにしましょう。きっと、使い勝手が劇的によくなり、毎日のコーディネートが楽しくなるはず。もしかしたらクローゼットの奥から無くしたと思っていた靴下の片割れが出てくるかもしれませんよ。

■「ちょい置きスペース」と「様子見ボックス」をつくる

クローゼットを綺麗な状態を保つためには、出しっぱなし・使いっぱなしにしないことが鉄則ですが、クローゼットの一角に「どうしてもすぐに片付けられないときは、ここに置いてもいい」というスペースを作っておきましょう。同様に、捨てようか取っておこうか迷う物を入れておく箱を用意してじっくり考える機会にするのもおすすめ。何のルールもなしにポイポイと置いてしまうと、いつまでたっても片付けずに放置してしまいますが、その日のうちに片付ける、そこ以外に置かない、半年使わなかったら捨てるなど、あらかじめルールを決めておくと、自然と片付けるクセがつくかもしれません。

■湿気&ニオイ対策はしっかり念入りに

陽が当たらず風通しもイマイチなクローゼットは、湿気やニオイが溜まりやすいという弱点があります。中にはクローゼットで、除湿乾燥機や空気清浄機を使っている人もいるほど!そこまでできない人は、以下の方法で湿気やニオイを撃退してください。

・こまめに換気する
・除湿剤・防虫剤・芳香剤を使う
・コートやバッグなど、長く使っていないものは定期的に天日干しをする
・外から帰ったらすぐに服をクローゼットに入れない

クローゼットはお気に入りの洋服や思い出の品が詰まった場所。ほんの少しの工夫で、開けるたびにワクワクするような空間に変えることができるはずです。ぜひ一度、ご自身のクローゼットの状況を確認してみてください。

photo / shutterstock

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ