無料の会員登録をすると
お気に入りができます

結局、これが究極のトレーニング!筋トレの王様「スクワット」で痩せる♡

ビューティ

4.ペタンコお腹&美くびれ作りに最適

IvanMikhaylov / GettyImages

下半身をメインに鍛えるスクワットですが、正しいフォームで行うことでお腹周りの脂肪燃焼にも繋がります。ウエイトなどを用いてスクワットをすることで、更に効果を得ることができます。スクワットで水着が似合う美Bodyを手に入れましょう。

正しいスクワットのやり方

基本的なスクワットの動作

①足を肩幅よりやや広めに広げる
②上半身はリラックスし、胸を開くように姿勢を整える
③息を吐きながらお尻を後ろに向かって突き出すように下げる
④息を吸いながら起き上がる

スクワットで気をつけるポイント

1.姿勢を整えて前を見る

VlaDee / GettyImages

スクワットはシンプルな動作ですが、じわじわとツラさが出てくる運動です。体が疲れてくると、猫背になったり視線が床へと移りがちです。姿勢を整えて前を見て行うことを意識しましょう。

2.膝は少し緩めるぐらいがベスト

studio1901 / GettyImages

膝を伸ばすときは、膝をぐっと伸ばしきらないように注意しましょう。膝を伸ばしきることで休憩することができ、スクワットの効果も下がってしまいます。またこれらを繰り返すことで関節を痛める危険性があります。程よく膝を緩めることを意識してみてください!

3.膝が内向きにならないように注意する

Paper Boat Creative / GettyImages

膝はつま先と同じように外向きに開くように意識してみましょう。スクワットは膝への負担が大きいので、内側に入ると痛めてしまう危険性があるからです。怪我なく行うことが最も重要です。

30日スクワットチャレンジが全米で話題に

undrey / GettyImages

スクワットを30日間やりつづける“30日スクワットチャレンジ”が全米で話題に♡毎日続けることでスクワットが習慣化され、メリハリBodyを作ることができるんです。海外セレブも「驚くほど痩せた」と効果を実感しているそうです。

記事に関するお問い合わせ