無料の会員登録をすると
お気に入りができます

柔らかいカラダは痩せやすい♡パーツ別「宅ストレッチ」12選

体が柔らかいと可動域が広がり、筋肉をしなやかに動かすことができるので、痩せやすい体になれます。そこで、ダイエットにおすすめの「宅ストレッチ」をご紹介します。

2018年7月
美容

9.横になって開脚「ピラティスストレッチ」

横になってお尻に力を入れながら開脚するエクササイズもあります。ストレッチしながらピラティスも行うようなトレーニングです。

instagram.com

①横向きに寝て、上半身はまっすぐ、下半身は膝をくの字に曲げる。
②手で骨盤を固定。
③息を吐きながら、下腹を凹ませて脚をゆっくりと開く。
④息を吸いながら、元に戻す。
⑤足の先はぴたっとくっつけたまま、膝だけ開くように。
⑥10~20回程度、お尻が疲れる回数まで行い、2セット繰り返す。

脚痩せ

10.柔軟股関節に「英雄のポーズ」

股関節が柔らかくなるとリンパの流れも良くなり、むくみも解消されることから、下半身痩せに効果的なのだとか。そこで、簡単な動きで股関節を柔らかくする「英雄のポーズ」を行いましょう。

instagram.com

①腕を開いて手首の下に足首が来るくらい、足を大きく広げる。
②片足は真横に、もう片方の足は15~30度ほど内側に向ける。
③真横に向けた足の付け根を外側に回転するようにして、膝を90度に曲げる。
④腕をぴんと伸ばしてストレッチ。
⑤反対側も同じように。

11.気持ちよく伸ばす「下半身&体幹強化ストレッチ」

こちらは股関節の柔軟性を高めると共に、下半身と体幹を強化するストレッチです。先ほどの「英雄のポーズ」の体勢からスタートです。

instagram.com

①膝を曲げた方の腕は太ももへ、膝を伸ばした方の腕は耳の横に上げる。
②足先から手の指先まで一直線になるよう、腰を落とす。
③下半身と体幹で体を支えて、3~5呼吸。反対側も同じように。

12.「太もも前張り解消ストレッチ」

スクワットなど脚を鍛えるトレーニングをすると、前ももがパンパンになってしまうという人もいます。このままでは太ももがごつくなってしまうので、解消するためのストレッチをピックアップ。

instagram.com

①片ひざを曲げて、膝の下に足首を置き、もう片方の脚は真後ろに伸ばす。
②後ろ脚の前ももが伸びているのを感じて、3~5呼吸。
③余裕があれば、後ろ脚の膝を曲げて、さらに伸ばす。
④腰を落とすとより伸びる。
⑤さらに、上半身をねじるとよく伸びる。

柔らかいカラダで美ボディをGET♡

❤️JULIA❤️ on Instagram: “Photo📸…”
instagram.com

さまざまなパーツに着目したストレッチは簡単に行えるので、毎日でも続けられそうですね。ダイエットメニューに追加して、痩せやすいカラダへ導き、美ボディを目指しましょう。

記事に関するお問い合わせ