無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ひらめき体質になる♡悩んだときは「プチ休憩」で現状打破しよう

仕事でアイディアを考えたいときや、プライベートで現状打破したいときは、“ひらめき”が欲しいですよね。そんなときは、ちょっとした休憩を取り入れると良いそうです。

2018年7月
ライフスタイル

考えても考えても答えが出ない!

むしろ「休む」ことが大切なんです

一生懸命考えているのにアイディアが浮かばなかったり、ずっと悩んでいるのに解決策が見つからなかったり…こんな風に考えが煮詰まってしまったことはありませんか?それは休みなく考え続けているからなのかも。

現状を打破するような“ひらめき”が生まれるためには、考え続けるよりも「プチ休憩」を取り入れることが大切なんです。その理由やプチ休憩の取り方についてご紹介します。

どうして考え続けても意味がないの?

人間が集中できる時間は限られているから

実は人間の集中力が持続する時間は、90分間が限界だと言われています。それ以上になると、脳も体も疲れて眠くなってしまうなど、心身ともに万全の状態ではなくなってしまうのです。大学の講義などが90分というのも理にかなっているのですね。

「集中しよう!」と思うとひらめきが生まれない

「集中しよう!」という意識を持つと、関係のない分野の思考が遮断されてしまいます。つまり、思考が広がらず発想を得にくいということ。集中するというのは「ひらめき」が生まれにくい状況なのです。

集中する時間には限界があり、仮に集中できたとしても逆に発想を遮断してしまう思考になっているので、「ひらめき」はなかなか出てこないという状況に陥ってしまいます。

休憩は「ひらめき」を生む

疲れた体をリセットしてくれる

頑張り続けていると疲れてしまいます。そのため休憩をしっかりと取って、心身ともにリフレッシュすることで、再び頑張ることができるのです。

ぼんやりする思考とひらめく脳は似ている

考え続けても何も思いつかなかったのに、ぼーっとしているときにふとアイディアが浮かんだことはありませんか?トイレに行ったり、お風呂に入ったり、運転をしたりと関係のないことをしてはっとひらめくような。それは、偶然ではなく必然なのです。

記事に関するお問い合わせ