無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏バテは身体だけじゃない?夏の“最強美肌”を作る方法

夏バテになるのは身体だけではなく、肌もだということを知っていますか?心得ておきたい、肌の夏バテ対処法をご紹介します。

2018年7月
美容

肌にも夏バテがある!

夏でも美肌で過ごしたいのに…

うだるような暑さが続く季節で、気をつけたいのは夏バテ。実は身体だけでなく、肌にも夏バテがあることをご存じでしょうか?

Photo by Rikky Alves / Unsplash

ただ過ごしているだけでは、秋になって肌の夏バテに気づくことになるかもしれません。そこで、肌の夏バテを防ぎ、夏でも美肌になれる方法をご紹介します。

どうして肌は夏バテになるの?

原因は紫外線・乾燥・冷え・栄養不足

紫外線は乾燥を進めたり肌表面の表皮細胞を傷つけるなど、肌の大敵です。他にも夏は冷房の乾燥・冷えや屋内と屋外の気温差、食欲不振による栄養不足などで肌にダメージが蓄積します。

Photo by Thirteen .J / Unsplash

さらに、気温差や栄養不足などから自律神経が乱れることも、肌荒れの原因です。

夏バテの肌トラブル

肌がこんな状態になっているとき、夏バテ気味になっていると言えます。夏バテ肌かどうかチェックしましょう。

・ごわついている
・くすんでいる
・化粧ノリが悪い
・シミがある
・洗顔後に肌がつっぱる
・しわが目立つ
・毛穴が目立つ
・皮脂でべたついている
・吹き出物・にきびがある

夏バテした肌はターンオーバーのサイクルが崩れ、肌の古い角質が残ってしまうため、ごわつき・くすみが現れがちです。紫外線でメラニン色素が過剰に生成されるとシミやソバカスの原因に。

また、肌が乾燥すると、洗顔後に肌が突っ張るようになり、しわ・毛穴が目立つようにもなります。また、乾燥を補おうと皮脂が過剰に出てしまい、吹き出物やニキビになることも。さらに、栄養不足で肌が疲れた状態になってしまうのです。

季節が変わる前に対策を

夏にケアをせずそのまま過ごしていると、肌トラブルの絶えない夏バテ肌になってしまいます。このまま季節が変わって秋冬の乾燥の強い時期になれば、肌はもっとダメージを受けます。そこで、夏バテ肌の対策を今のうちから始めておきましょう。

日常の夏バテ肌対策

顔も身体も紫外線対策

夏バテ肌の最大の原因は紫外線です。対策すべく、日焼け止めは顔と身体にしっかりと塗りましょう。外出する直前ではなく、30分前から塗っておくのがベスト。

また、帽子や日傘などを使うなどして紫外線を浴びないようにしましょう。

もっと効かせられる!いま知りたい「日焼け止め」の正しい使い方

そろそろ日差しが強くなる季節がやってきます。夏は必需品となる「日焼け止め」ですが、ちゃんと正しい使い方をしているでしょうか?塗り方次第では効果を発揮できない場合もあるんです。そんな日焼け止めの正しい使い方をご紹介します。
1234

睡眠をしっかりと取る

肌のターンオーバーの乱れは睡眠不足も原因の一つ。暑くて眠れないなど、夏は睡眠不足にもなりやすい季節です。

通気性の良いパジャマを着たり、冷感素材の寝具を使ったり、エアコンの冷房や除湿で寝室を涼しくしたりして、夏でも快適な睡眠に導けるよう工夫しましょう。

ひんやりさらさら♡接触冷感の寝具で快適な夏をどうぞ

梅雨も明けて、いつのまにか夏。日が沈んで夜になっても続くじめじめした暑さにぐったり、連日連夜の睡眠不足…なんて方、いませんか?今回は、暑い夏でもひんやり快適な『接触冷感』の寝具についてご紹介します。
109

こまめに水分を取る

夏場はこまめに水を飲みましょう。暑いと汗が出て、体内が水分不足になりやすいです。脱水傾向になると体調不良になってしまいます。

汗を多量にかく夏は、水分だけでなく不足したミネラルを補うために、塩分も含まれたスポーツ飲料を補給するのもベターです。

水の温度はよく常温が良いと言われていますが、暑さ対策のためには5~15℃がベスト。肌のためにも水分補給をお忘れなく。

肌の夏バテを防ぐ食事

冷たい食品を1種類だけはNG

暑くて食欲がなくなる夏は、つい冷たい食品を1種類だけ食べて終わり、なんてことが多いのでは?冷たいそうめんやアイスだけで食事を済ませることはおすすめしません。

冷たい物を食べすぎると胃腸を冷やして、体調不良になります。また食品が偏っていると栄養不足になり、肌トラブルの原因にもなってしまうのです。冷たい食品は食べ過ぎないこと、いろんな種類の食品を食べることを意識しましょう。

アルコールを控えて肝臓を労る

肝臓は食事から得た栄養をためておいて必要な時にエネルギーとして使うために体内へ送ったり、有害物質を分解・解毒したりする機能があります。肝臓をいたわることが美肌にもつながります。

Photo by Jonas Jacobsson / Unsplash

肝機能が正常に働いていると、肌に栄養を届けたり不要な物を排出したりと、肌のターンオーバーのサイクルが整うのです。肝臓を酷使するアルコールを控えたり、肝臓の栄養となるビタミンB群を摂ることが美肌にも役立ちます。

たんぱく質で美肌作り

肌のハリや潤いとなるコラーゲンは、たんぱく質の一種です。たんぱく質が不足すると、肌の潤いやハリが失われ、たるみやシワの原因になってしまうのです。

特に夏場は食欲が落ち、たんぱく質を摂ることが減ってしまいます。美肌のために、夏場にはたんぱく質をしっかり摂取しましょう。

■たんぱく質が多い食品

ぶた肉、魚、卵、大豆製品など

ビタミンB群で美肌をサポート

Photo by Brooke Lark / Unsplash

美肌にはビタミンB群が必須です。特にB2とB6はマスト。ビタミンB2は皮ふや粘膜の健康維持を助け、ビタミンB6は肌や髪を作るたんぱく質の代謝をサポートしてくれます。

■ビタミンB2が多い食品

レバー、うなぎ、卵、納豆、きのこ類、乳製品など

■ビタミンB6が多い食品

とうがらし、米ぬか、カツオ、サンマ、レバー、とり肉、バナナなど

ビタミンACEの抗酸化作用でエイジング対策

紫外線を浴びると、体内で活性酸素が発生します。活性酸素というのは、本来は有害な物質から身体を守るために機能していますが、増えすぎると老化につながってしまうという悪影響もあるのです。

そこで、肌の老化を防ぐために、抗酸化作用のあるビタミンACE(エース)を積極的に摂ることがおすすめです。ビタミンAは肌の粘膜を整える働きがあります。

Photo by Brooke Lark / Unsplash

ビタミンCは色素沈着を防いだり、コラーゲン生成に役立つものです。ビタミンEは血行を促進し、クマやくすみに働きかけてくれます。他にもトマトのリコピンやなすのアントシアニンなども、抗酸化作用が期待できる成分です。

■ビタミンAが多い食品

レバー、うなぎ、にんじん、鮎など

■ビタミンCが多い食品

アセロラ、ケール、パセリ、せん茶、グァバ、パプリカ、ブロッコリー、いちご、キウイなど

■ビタミンEが多い食品

せん茶、ひまわり油、ナッツ類など

ビタミンB1&クエン酸で疲れを解消

夏バテによる疲れで体調不良になると、食欲不振で栄養不足になったりストレスが増えたりして、肌トラブルも増えます。そこで、夏バテの疲れを回復してくれる、ビタミンB1やクエン酸も積極的に摂りましょう。

ビタミンB1は体内の糖質をエネルギーに変えてくれます。疲労回復にも役立ち、夏バテ解消にもおすすめです。さらに皮膚や粘膜の健康維持をサポートしてくれるので、美肌にもつながります。

Photo by Kaizen Nguyễn / Unsplash

クエン酸は不足すると、乳酸という疲労物質が蓄積されてしまい、夏バテのだるさを引き起こすこともあります。クエン酸を含む食品は酸味のあるさっぱりとした味なので、食欲がないときでも食べやすいというメリットも。

■ビタミンB1が多い食品

米ぬか、パン酵母、豚肉、うなぎ、豆類など

■クエン酸が多い食品

レモン、チーズホエーパウダー、大豆類、いちご、グレープフルーツ、キウイ、酢など

夏に必須!毎日のスキンケア

保湿ケアを重視

夏の肌は汗や皮脂でべたついているため、「保湿の必要あるの?」と思うかもしれません。実は、肌が乾燥しすぎていると、それを補おうと皮脂が過剰に出ます。皮脂でべたついた肌は、実は冷房で乾燥しているインナードライ肌になっている可能性が高いのです。

スキンケアを怠っていると、ますますべたつく肌になってしまいます。乾燥しないように、保湿重視のスキンケアをおこないましょう。週に1度は美容成分をたっぷり含んだシートマスクをして、集中的にうるおいを届けるのもおすすめです。

肌ラボ 白潤プレミアム 薬用浸透美白化粧水

ロート製薬

抗炎症作用のあるホワイトトラネキサム酸、ビタミンC誘導体、ビタミンEなどを配合。美容液のようにたっぷりうるおいます。(価格はオープン価格です。)

商品詳細
肌ラボ 白潤プレミアム 薬用浸透美白化粧水
jp.rohto.com
商品詳細

ホワイティシモ 薬用シート パック ホワイト

POLA

¥ 6,264

ひんやりとした使い心地で、紫外線による乾燥やほてりを抑えてくれるシートマスクです。シミやそばかすの予防にも。2枚入り(3.3mL)×30セット。

商品詳細
ホワイティシモ 薬用シート パック ホワイト
net.pola.co.jp
商品詳細

引き締めタイプでハリUP

肌が疲れている場合、まずは保湿することが大事。そして、引き締めタイプの化粧品を使って肌にハリを与えることで、たるみや毛穴の開きも予防できます。夏向けにさっぱりとした使用感の化粧品がおすすめです。

ワンダーハニー クールクールスパークリングスムーサー シトラスソルベ

ベキュア ハニー

¥ 1,512

ひんやり冷たい使用感と、弾ける炭酸で肌を引き締めてくれるローションです。化粧水として使えます。コットンを使って角質を拭き取るのにも◎。

商品詳細
ワンダーハニー クールクールスパークリングスムーサー シトラスソルベ
www.vecua-honey.com
商品詳細

角質ケアでトーンアップ

肌がくすんでいるのは古い角質が残ったままだから。そのため角質ケアも大切です。強くこすりすぎると夏バテで弱った肌が大ダメージを受けるので、優しくなでるように洗いましょう。

ハーバルフェイススクラブ

MARKS&WEB

¥ 1,501

古い角質を落とし、肌をしっとりなめらかに整えてくれるスクラブです。週1~2のスペシャルケアに。ラベンダー精油とカモミール精油の花の香りにも癒やされます。

商品詳細
ハーバルフェイススクラブ
www.marksandweb.com
商品詳細

マッサージでターンオーバー回復

ターンオーバーのサイクルが乱れてしまった夏バテ肌を回復させるには、フェイスマッサージがおすすめです。いつものスキンケアの後に行うだけで血流がUPし、肌を健やかに導きます。冷房の冷えによるむくみ解消などにも役立ちます。

顔がみるみる小さくなる!chinamiさんの「小顔マッサージ動画」が大人気♡

顔は、むくみや老廃物が溜まると大きくなります。さらに顔全体のたるみにも繋がってしまうので、自分でこまめにケアしたいところ!そこで小顔になれると評判の、美容家chinamiさんの小顔マッサージ動画をたっぷりご紹介します。
14683

肌も夏バテに負けない♡

Photo by Angelo Pantazis / Unsplash

体調だけではなく、肌も夏バテに気をつけることで、夏もその先も美肌をキープすることができます。夏バテ肌にならない対策をして、この夏もつるすべ肌で過ごせますように。

記事に関するお問い合わせ