無料の会員登録をすると
お気に入りができます

キツイ言い方はちょっとしたコツで直る!会話上手になれる方法

自分の一言で会話が止まってしまったり、相手が会話を楽しんでいないと感じる方は、知らず知らずのうちに「言い方がキツイ…」と思われているかもしれません。そんなキツイ言い方は一言で直すことができるんです。

2018年8月
ライフスタイル

「言い方がキツイ」と言われてしまった…

それ、一言で直せます

話をしていて「言い方がキツイ」と言われてしまったことはありませんか?自分ではそんなつもりはないのに言われてしまうと、「誰かを傷つけてしまうかも」と会話をすることが恐くなってしまうかもしれません。

また、せっかく良いことを言っていたとしても、キツイ言い方をすると真意が伝わらないかもしれません。それはもったいないことです。そこで、キツイ言い方になってしまう理由を知り、一言で直す方法をご紹介します。

キツイ言い方になる理由

断定的だから

語尾が断定的だと、強い言い方に聞こえてしまいます。例えば、仕事で指示を出すときの「早くして」「~~やって」など。本人としては端的に指示を伝えているだけなのかもしれませんが、受け手によっては命令のように感じてしまいます。

他には「男ってこういうものでしょ?」「普通こうするでしょ?」という言い方。あくまで自分の個人的な意見なのに、それがさも当たり前で社会の常識だと押しつけられているように聞こえてしまいます。

否定的だから

口を開けば否定的な言葉しか出てこないと、会話の相手は話題の広げようがありません。「私これ好きなんだ~」と言った友達に対して、「私は嫌い」とだけ言ってしまうと、それ以上会話は広がりませんよね。

ほかにも、「でも」「だって」「だけど」が口癖になっている人は、その後に出てくる言葉が否定的になっていることが多いので気をつけましょう。

違う意見だけを言うから

人それぞれ違う意見を持っているものなので、人とは違う意見を言うこと自体は間違いではありません。しかし、自分の意見だけを言っていると、相手が否定されたような気持ちになってしまうこともあります。

例えば、「昨日デートで遊園地に行ってきて、すごく楽しかった~」という女友達に対して、「私、乗り物酔いしやすいから遊園地とか全然楽しめないから、デートとかありえない。すごいね」という返し。

本人としては違う意見を伝えて、純粋に「すごいね」という気持ちを伝えたいだけかもしれません。しかし、「すごいね」と言う前に友達の意見を全否定しているので、最後の「すごいね」が嫌味に聞こえてしまうかも。

記事に関するお問い合わせ