無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1,500円で一日過ごせるブックカフェ「文喫」へ!コーヒーも飲み放題で最高な空間だった

旅行・おでかけ

ソファ席も人気です。お気に入りの席を見つけたら、本とともにのんびり過ごして♪

本とともに楽しみたい、こだわりのフード&ドリンク

同店ではコーヒーと煎茶が飲み放題。

こちらの「喫茶室」だけでなく、「選書室」以外なら店内のどこでも飲食OKなので、好きな席で楽しんでくださいね。

煎茶は、京都宇治から品質の高い茶葉を取り寄せているのだそう。ほどよい苦みとコクが、贅沢な味わい。コーヒーは、京都「小川珈琲」のコーヒー豆で淹れています。注文してからミルで挽くため、とっても良い香りが広がります♪

コーヒー用のテイクアウトカップもおしゃれ。基本はコーヒーカップでの提供ですが、帰る際の一杯にはこちらのテイクアウトカップの利用も可能だそう。

食事メニューもいくつか用意されており、なかでも一番人気は「牛ほほ肉のハヤシライス」(1,080円/税抜)。

まるで洋食屋さんのような本格的な味わい。煮込まれた牛肉がとっても柔らかく、スプーンを入れるだけでホロホロとほどけていきます。

クラシカルな佇まいの「とろけるカスタードプリン」(580円/税抜)も人気。卵感たっぷりで固めのプリンは、ビターなカラメルと相性バツグン。懐かしい喫茶店の味♪

誰かに本を贈りたくなったら、こちらの「ギフトセット」(大中小サイズ・全500円/税抜)をどうぞ。プレゼントはもちろん、自宅のインテリアとしても♪

まとめ

週末は満席になることもありますが、平日の午前中や夜の時間帯はゆっくり過ごせてオススメとのこと。会社帰り、何となくそのまま家に帰りたくないな~という日に立ち寄って、一人本に没頭するなんて過ごし方も良いですね。

読書タイムがより楽しくなりそうな六本木の話題のスポットで、ぜひ本と恋に落ちてみては。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ