無料の会員登録をすると
お気に入りができます

さわやかな清涼感♪ 青じそがアクセントの肉おかず5選

レシピ

こってりしてしまいがちな肉料理も、青じそを使えば、さわやかさがプラスできます。清涼感のある香りも加わるので、暑さで食欲が落ちている人でもきっと箸が進むはず。今回は、青じそがアクセントの肉おかず5選を紹介します。モリモリ食べて、夏に負けない体作りをしましょう。

牛肉の青じそ炒め

【材料・2人分】

牛切り落とし肉 200g、赤パプリカ 1/2個、長ねぎ 1/2本、青じそ 10枚、合わせ調味料(白いりごま 大さじ1、酒 大さじ2、しょうゆ 大さじ1、みりん 小さじ1)、塩、こしょう、サラダ油

【作り方】

1. パプリカは一口大の乱切りにする。ねぎは斜め5mm幅に切る。牛肉は大きければ食べやすく切り、塩、こしょう各少々をふる。

2. フライパンに油小さじ2を熱し、牛肉を炒める。肉の色がほぼ変わったらパプリカ、ねぎを加えて炒める。

3. 全体に油がなじんだら、合わせ調味料を加え、手早く炒め合わせて火を止める。しそを4~6等分にちぎって加え、さっとひと混ぜする。青じそは加熱すると香りが落ち、色も悪くなるので、火を止めてから加えてさっと混ぜる。

(1人分411Kcal、塩分2.0g、調理時間10分)

牛肉と野菜を同時にしっかり食べられるので、栄養バランスが抜群。パプリカの赤、青じその緑が映えた彩り豊かな炒めものです。青じその色味が悪くならないように、フライパンに入れたら手早く仕上げてくださいね。

もやしと青じその豚肉あえ

まろやかな黒酢の酸みが味の決め手。豚肉と青じそは細切りにして、もやしと大きさを合わせます。

豚の野菜巻きポン酢ソテー

ポン酢じょうゆを加えるだけで、風味のよい夏らしいおかずに。みょうがやえのきたけなどを豚肉で巻いてボリュームアップしましょう。

夏野菜ととり肉のオイル蒸し

油であえることで野菜に熱が伝わりやすくなり、うまみが凝縮します。パサつきやすいとりむね肉も、蒸し焼きにすればしっとりやわらか。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ