無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自宅で食堂スタイルを再現。 食堂のあの器、ここで買えます。“ひとり問屋”の日野明子さん厳選!食卓を彩る器たち。

昔ながらの食堂で愛用されてきた品々や、今ドキの食堂が選ぶこだわりの器を集めました。クラフトバイヤーであり、問屋も営む日野明子さんの目にはどう映るのでしょう。愛され続けるグッドデザインたちをじっくり眺めてみませんか?

編集部 / Hanako編集部

インテリア

洗練されたグッドデザイン。

昔ながらの大衆食堂でなじみ深い、水玉模様の湯飲みや「キッコーマン」のしょうゆ瓶。実は、グッドデザイン賞をとったものや、デザイナーが手がけたものが多い。〝ひとり問屋〞として生活用具のバイヤーをしている日野明子さんに聞くと、「食堂の皆さんは、それがデザイナープロダクツだと知らないかもしれません」。お店の風景に溶け込み、使いやすいものこそ、普遍的で良いデザインなのだという。

〈キッコーマン〉のしょうゆ卓上びん
商品パッケージではなく什器としてデザインされた瓶は液だれしづらく美しさを保つ。特選丸大豆しょうゆ224円

〈副千製陶所〉の水玉茶碗・急須
有田のお隣、吉田で作られる陶器。手仕事で削り描かれるドット模様に愛着が湧く。湯呑み1,200円、急須3,000円

〈伊万里陶苑〉のぶどう皿
実は昭和のモダンクラシックデザインなのです」と日野さん。ぶどう和皿2,000円

渡辺力さんのユニトレイ
マネートレイやおしぼり置き、調味料の受け皿として幅広く活躍。S 1,200円、M 1,400円、L 1,700円(つや消し仕上)

〈東洋佐々木ガラス〉のHSスタックタンブラー
1974年の時点でグッドデザイン賞を受賞している国産グラスのスタンダード。S 230円、M 240円

「ラッキーウッド」のデラックスシリーズ
新潟県燕市産の洋食器。デザートスプーン700円、デザートナイフ1,800円、デザートフォーク700円

〈白山陶器〉のG型しょうゆさし
〈 白山陶器〉で活躍したデザイナー、森正洋氏が手がけたデザインを60年以上守り抜いている。1,400円(小)

〈デュラレックス〉のピカルディ
1960年代にフランスから輸入され普及した。左から、「ピカルディ1140」400円、「ピカルディ1150」360円

〈イケダ〉のカレー皿
よく見かけるカレー皿。長年メーカーを探していたら燕市を訪れた時に発見しました」(日野さん)。1,750円

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ