無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼ママに初めてのご挨拶!好印象を持ってもらうポイント8つ

誰もが経験する彼ママへのご挨拶。何が正解かわからない女性も多いはず。彼女のことを認めてもらう為に、男性目線で彼女にはこうしてほしいポイントがいくつかあります。

2018年8月
恋愛・結婚

彼ママに好印象を持たれたい

結婚前に誰もが経験する彼ママへのご挨拶。普段なかなか体験しないので、どうしたらいいのかわからない人も多いことでしょう。彼ママが初めて息子の彼女と会うときに見ているポイントをご紹介します。

1.訪問する時間帯

ベストの訪問時間がある

訪問する時間は何時ごろが良いのでしょうか? 出来る限り食事の時間帯は外して、午前中なら10時から11時半、午後は13時から16時がベストでしょう。もちろん彼ママに都合を聞いてもらいその時間に合わせるのが良いですが、自由に決めていいと言われたら食事の時間帯ははずすのがオススメです。

2.服装

TPOを意識して服装を選ぼう

彼のご自宅に伺う際、素足で家に上がるのは失礼になるので、必ずストッキングか靴下を履いていくのがマナーです。また露出の多い格好やデニムなどカジュアルすぎるものは避けておきましょう。

特に夏場はお辞儀をした際胸元や背中が見えていないか事前にチェックしておきましょう。冬場はコートなど羽織ものは必ず家に入る前に脱いでおいて、裏返しにたたんで手に持っていくのが大人のマナーです。

3.センスが問われる!手土産とは

手土産は誰のため?

彼ママに会う時は手土産を持っていくのが常識ですが、何でも持っていって良いと言うわけではありません。彼ママがどんな洋服を着るか、どんな食べ物が好きかをしっかりと聞いておきましょう。その中で彼ママの好みにあった少しだけこだわったものを選んでプレゼントしましょう。

そのプレゼントの特徴を簡単に説明すると良いでしょう。「〇〇さんから〇〇が好きだと聞いたのでお口にあうか分かりませんがぜひ召し上がって下さい」と伝えると気が利くという良い印象を与えられます。

4.名前の呼び方

呼び捨ては絶対NG

彼ママのことを何て呼んだらいいか迷う事はありませんか?結婚前にいきなりお義母さんと呼ぶのは厚かましいものです。最初は〇〇さんのお義母様と呼んだほうが好印象です。

普段彼のことを呼び捨てにしていたとしても彼ママの前では〇〇さんと呼ぶことを忘れないように。自分の息子を呼び捨てにされていい思いはしないので気をつけましょう。

5.正しい言葉遣い

品のない言葉は彼ママからのポイントダウン

彼ママも頭が柔らかい人ならいいけれども、どうしても若者言葉を嫌う彼ママもいます。彼ママと初めて会う時は、誰でも緊張してしまうもの。緊張すると敬語など正しい言葉遣いを意識していてもついつい普段の言葉が出てしまいがち。そうならないように、普段目上の人や彼と話す時も正しい言葉遣いを心がけてみましょう。

6.傾聴力

彼ママに話させよう

彼ママの口から「最高!」など感情を表す言葉が出てきた時は、話を盛り上げる大事なポイントです。さらに一歩踏み込んでみると彼ママは嬉々として話をしてくれるはず。「そうなんですね」と流さないように注意しましょう。

彼を立てる

彼ママと話すときは緊張してしまうと思いますが、しっかりと彼を立てることができればいい奥さんになりそうと言うプラスのイメージを与えることができます。彼の仕事をしている姿やこんなことをしてくれるという具体的なところを伝えてあげましょう。彼ママにとって息子は世界一かわいい男の子。そんな息子が褒められているのは誰でも嬉しいものです。しっかりと彼を立ててあげましょう。

7.自分の意見を言おう

彼ママはあなたのことをもっと知りたい

彼ママと初めて会って緊張してしまい、つい話を聞いてしまうだけと言うことがよくあるようです。黙っているだけでは、あなたがどんな人か彼ママにはよく伝わりません。そうすると、あの子で大丈夫かしら?と思われてしまいます。

そうならないように、普段から自分の意見を言えるようにしておきましょう。意見といっても失礼がないように、彼から彼ママはどういう人なのか事前に聞いておくと良いでしょう。もちろん最初は他人なので意見の食い違いもありますが、少しずつ歩み寄ることでプラスのイメージになります。

8.趣味をひとつは持っておこう

共通の趣味

彼ママの趣味を事前に彼から聞いておきましょう。普段どんな料理を作るのか、買い物はどんなところに行くのか聞いておくだけで、男性にはできない女性ならではのトークができます。

もし彼の兄弟が男だけなら、初めてできた自分の娘のようにあなたに料理や趣味など教えてくれるでしょう。そこでしっかりと彼ママのおいしい料理やセンスなどを褒めることであなたの印象はとても良くなります。

最低限のマナーと自分らしさを忘れずに

彼ママはあなたよりも当然年上で、人生経験も豊かです。あなたが緊張していること、不慣れなことにももちろん気付いています。予習しても上手くいかないし、イレギュラーでいっぱいいっぱいになっていることも認識済み。

しかし、最愛の息子のパートナーであるあなたを応援してくれるはずです。緊張は誰でもするもの。あなたらしさを出してアピールしてみてください。

記事に関するお問い合わせ