無料の会員登録をすると
お気に入りができます

この寂しさはどうしたらいい?彼に「会いたい」と伝える方法

彼と予定が合わなかったり遠距離だったりして、会えない時間が増えると寂しさも募りますよね。そんなときでも素直に「会いたい」と言えない女性へ、彼に気持ちを伝える方法をご紹介します。

2018年8月
恋愛・結婚

「会いたい」けど言えない…

もどかしい気持ちを上手に伝えたい

お互い予定が合わずなかなか会えなかったり、遠距離中だと思わず寂しさがこみ上げてしまうこともあるでしょう。そんなとき、素直に「会いたい」と言えないと悩んでしまう女性は少なくないのでは?

重たいと思われたり、彼の負担になってしまわないかと不安なのかもしれません。そこで、「会いたい」と素直に伝えられない女性のために、彼に会いたい気持ちを伝える方法や、寂しさを解消する方法をご紹介します。

まずは知ってほしいこと

男性は彼女の「会いたい」がうれしい

「会いたい」と伝えることで彼は嫌な気持ちになるかも…と不安に思っている女性たち、安心してください。多くの男性が彼女から「会いたい」と言われることを喜んでいます。

男性も自分が落ち込んでいるときや彼女を思っているときに「会いたい」と思うことがあるので、同じ気持ちを抱いてくれているのがうれしいのでしょう。我慢して後で爆発するくらいなら、素直に気持ちを伝える方が良いです。

困ってしまう男性は何を考えてる?

なかには「会いたい」と言われることに負担を感じてしまう男性もいます。それは彼女の言葉をきちんと受け止めて、「会うために何とかしなければ」と頑張ってしまうから。

しかし、忙しいと時間を作るのも難しく、男性としては「会いたい」と言われてもどうしようもない状況に困ってしまいます。そこで、彼を困らせず、むしろ喜んでもらえる「会いたい」の伝え方を知っておきましょう。

「会いたい」気持ちを伝える方法

「次会えるのが楽しみ」

彼と次に会えそうな予定がわかっているときに、期待を込めて「会いたい」という気持ちを伝える方法があります。「今度会えるの楽しみ♡早く〇〇君に会いたいな」「次のデートがあるから仕事も頑張れそう」なんていうように。

「会いたい」と言うだけでは、彼も予定を立てないといけないとプレッシャーになりますが、もう予定が決まっているなら負担にもなりません。彼も次に会えるのが待ち遠しくなるでしょう。

「今度一緒に行こうね」

彼の好物がある飲食店や、興味のあるイベントの話題などを出して、「今度一緒に行こうね」「時間ができたら一緒に行きたいな」と伝えるのもありです。

「会いたい」という気持ちだけで人任せにせず、具体的に一緒にしたいことを提示してくれるのは、忙しい男性にとってはありがたいことです。彼女が自分を思ってくれているように、自分も彼女と会うために頑張ろうと思ってくれるはず。

楽しい話題の最中に「会いたいな」

彼と離れているときも、LINEや電話などで連絡を取り合うこともあるでしょう。楽しい話題のときに、急に「〇〇君の顔が見たいな」「会いたくなっちゃう」と会いたい気持ちをさらっと伝えるのも良いです。

楽しい話題の最中なので、彼も彼女の思いをポジティブに受け止めることができます。ふいに気持ちがこぼれてしまったような言い方にも、キュンとしてくれるかもしれません。

「今から会いに行ってもいい?」

「会いたい」と言って、来てくれるのを待つだけだと彼の負担が大きくなってしまいます。自分から会いに行くというのも良い方法です。男性としても、少しだけでも彼女の顔を見られたらうれしいものです。

「今からちょっとだけ会いに行ってもいい?」「忙しそうだけど大丈夫?ご飯作りに行こうか?」など、彼の予定も伺うような聞き方なら気遣いが伝わります。

「無理なら会えなくても大丈夫だよ。またゆっくりできるときにデートしよう」など、彼が断りやすい一言を添えるのも◎。彼は会いたくないのではなく、本当に会える時間がないだけなので、断られても必要以上に落ち込まないようにもしましょう。

「会えないのは寂しいけど、待ってるね」

本当に彼が忙しいときは待つことも大切です。そんなときは気持ちだけを伝えて、彼をフォローする言葉も添えましょう。「会えないのは寂しいけど、仕事の邪魔しちゃ悪いから、予定が落ち着くまで待ってるよ」など。

「寂しい」という気持ちは伝えつつ、それでも彼を尊重する言い方です。待ってもらっているという状況にプレッシャーを感じてしまう人もいるので、「お互い頑張ろうね」「体調には気をつけてね」など彼を労う言葉だけを伝えるのもおすすめです。

「会いたい」を伝えるタイミング

彼のまったりタイムがベスト

「会いたい」という気持ちを伝えるときに気をつけたいのがタイミング。彼が仕事中など忙しい時間帯はおすすめしません。彼女のことを考える余裕がなく、「煩わしい」と思われてしまう場合もあります。

彼の1日の仕事が終わって家に帰り、まったりしているような時間帯がベストです。彼から「仕事終わったよ」なんて連絡が来たときに、会話しながらさりげなく気持ちを伝えると、彼もうれしい気持ちになるはずです。

言いすぎNG!ときどき伝えて

毎日のように「会いたい」と伝えるのも、男性にとっては「重い」と感じてしまうようです。たしかに好きな人とは毎日でも会いたいものですが、伝える頻度はときどきがベター。ふいに言われるからこそ彼もうれしい気持ちになります。

会えない寂しさを解消する方法

一人の時間を充実させる

彼に会えない時間は、「仕事に集中できる時間がたっぷりあるな」「一人で行きたかった場所に行けるな」「キレイになる時間ができた」というようにポジティブに考えてみてはいかがでしょうか。せっかく一人で過ごせるのですから、自分の時間を充実させましょう。

Photo by bruce mars / Unsplash

仕事で大変でも彼と会えて疲れを忘れたり、一人で行った場所を彼に案内して今度は二人で楽しんだり、キレイになって彼に惚れ直してもらったり。一人の時間を充実させることが、彼との時間も有意義に過ごすことにつながります。

こまめにコミュニケーション

会えないときは会う以外の方法でコミュニケーションを取りましょう。メールやLINEでこまめに連絡を取り合うのも良いです。今ならテレビ通話もあるので、会っているときのように顔を見ながら話すこともできます。

忙しいときはなかなか難しいですが、二人に合った頻度でのコミュニケーションをして、気持ちまで離れないようにしましょう。

彼を信頼する

「会いたい」と思うのは、寂しいという理由はもちろんですが、会えないことで不安が募るからというのもあります。例えば、彼の気持ちが自分から離れていないかとか、他に好きな人ができてはいないかとか。

自分の中で不安が大きくなると、彼に当たってケンカになってしまうこともあります。離れていても会えなくても、彼のことを好きなら信頼しましょう。不安が大きくなることも減り、寂しさも和らぐかもしれません。

彼に気持ちが伝わりますように

「会いたい」と思うのは、「好き」だからですよね。お互いに好きだからこそ、伝え方で関係がこじれてしまうのはもったいないことです。「会いたい」気持ちを上手に伝えて、二人の絆も深まりますように。

記事に関するお問い合わせ