無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

あざとさゼロ!ナチュラルに愛される魔法の「気遣い」テク

男性もいい大人になれば、わかりやすいモテアピールは「あざとい」と感じるもの。今回は、本命彼女として愛される自然な“気遣い上手”になるテクニックをご紹介します!少しの意識で、男性にはもちろん、同性からも、職場でも愛される女性になれますよ♡

恋愛・結婚

気遣い上手になりたい!

気遣いができる女性は、同性からみても素敵ですよね。男性に本命として大切にされるのも、気遣いができる人です。とは言っても、飲み会で大皿料理を取り分けてアピールするのは少しわざとらしい…。

今回は、あざとさはないけれど自然な気遣いができるテクニックをご紹介します。日常でちょっと気をつけるだけで、恋人との関係がよくなるのはもちろん、仕事でも評価が高まるはず♡

本当に求められる「気遣い」とは

飲み会や合コンなどで、料理を取り分けたりドリンクを頼んだりしたのに感謝されない、相手にされないと感じたことはありませんか?これは気遣いとは言えません。気遣いは、見返りを求めるものではありません。

「気遣い」とは、相手が求めていることを推測して、求められていること+αをすることです。よかれと思ってしたことであっても、相手が求めていなければありがた迷惑です。相手のことを考えて、自分にできることをしてみましょう。

飲み会編

テーブルの不要なものに目を配る

料理を取り分けたり、ドリンクを頼むことを積極的にできる女性は素敵ですが、やりすぎると同性からはあまりよく見られないこともありますよね。そこで飲み会では、テーブルの不要になったお皿を店員さんが下げやすいようにするなど、意識しないと目につきにくい部分に気を配りましょう。

周りを気にかける

飲みすぎた人にはお水を差し出したり、たくさん飲んでいる人には飲みすぎないよう一声かけるといいでしょう。ただ、周りを気にしすぎても飲み会の楽しい雰囲気を壊してしまいます。自分も楽しみつつ、周りを気にかける程度の優しさが素敵です。

デート編

男性に頼るのがうまい

簡単にできる頼み事をして、笑顔でお礼を言いましょう。女性から褒められることは、男性にとって至極の喜び。彼が家事などをやってくれないことを不満に思うのではなく、彼を頼るようにお願いすると手伝ってくれるかも知れませんよ。

記事に関するお問い合わせ