無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ズボラさんにこそマネしてほしい♡「片付く家」の作り方&キープするコツ

ライフスタイル

片づけ苦手な方に朗報です!

新生活に向けてインテリアを春夏向きに変えたい、いつもよりしっかりと片づけたいという方も多い春。でも片づけが苦手で何から片づけていいの?となかなか取り掛かれない方も。

そこで、日頃から心掛けたいことや、片づけのHow toなど「自然と片付く家」の作り方をまとめてみました。早速おうちの片づけに取り掛かってみませんか。

仕事や子育てなど、日々忙しいとついつい片づけは後回しになりがち。でもそんな忙しい時でも、「片付く家」の作り方さえ知っていればOK。わざわざ片づけのための時間を作る必要もありません。ぜひチェックを。

①モノの住所=定位置を決める

ラベリングを活用して

電卓やメモ、ハサミなどの文房具もすべてラベリングして収納すれば、定位置が決まり都度片づけることができます。家族みんながわかる収納方法にすることで、片づけの負担が誰か一人に集中することもありません。

レターケース9個引き出し

ニトリ

¥ 2,085

商品詳細
レターケース9個引き出し
www.nitori-net.jp
商品詳細

大人が見るという前提なら漢字やカタカナも当たり前ですが、子供がいるならあえて「ひらがな」でラベル作りをするのがおすすめ。自分でお片付けをする練習にもなります。

ラベルライターPT-J100W

ブラザー

¥ 3,820

商品詳細
ラベルライターPT-J100W
item.rakuten.co.jp
商品詳細

見せる収納もアリ!

出しっぱなしは片付かないというイメージですが、容器の素材やカラーを合わせて並べるだけで整理整頓された印象に。実は見せる収納の方が汚れにも目が届き、「常にきれいに」を心掛けたくなりますよ。

中身が見える収納を

収納ボックスに入れたまま「どこだっけ?」と探し物をするのは、効率が悪いこと。そこで中が見える収納ボックスに入れておきましょう。モノの定位置が決まり、目にも入るので日々整理整頓を心掛けるようになります。

記事に関するお問い合わせ