無料の会員登録をすると
お気に入りができます

教えて膣姐!話題の「フェムケア」膣トレを意識するべき理由と膣トレ方法

ライフスタイル

フェムケアってよく聞くけど...

「フェムケア」や「フェムテック」。最近メディアやSNSでもよく取り上げられていますが、皆さんはご存知でしょうか?

「フェムケア」とは?

「フェムケア」とは、Feminine(女性の)とケア(Care)を組み合わせた造語。女性の体や健康、性に関することのケアをする製品やサービスを指します。

Vladdeep / Getty Images

たとえば、ナプキンやサニタリーパンツ、デリケートゾーン専用の洗浄アイテム、そして「膣トレ」もフェムケアのひとつ。大きな意味でデリケートゾーンをケアすることを「フェムケア」と呼びます。

似たような言葉「フェムテック」とは?

「フェムテック」は、Female(女性)とTechnology(テクノロジー)をかけ合わせた造語。

Aleksandr Koltyrin / Getty Images

フェムケアと違うのは、テクノロジーを使って女性特有の健康問題を解決しようとするところ。生理を管理するアプリや、オンライン診療などが当てはまります。

これからより一層注目を浴びそう!

欧米を中心に、フェムケアやフェムテックへの注目度は上昇中。フェムテックの世界市場規模は、2025年には約5兆円にものぼると予測されています。女性の活躍推進やエンパワーメントが加速される中で、この勢いはもっと増していきそう。

g-stockstudio / Getty Images

女性の健康と美容に密接に関係していて、今後さらに存在感を増していきそうなフェムケア。では、具体的にフェムケアってどんなメリットがあるの?どんなことをするの?気になることがたくさん。今回は、そんな気になるデリケートゾーンケアの中でも、膣トレに焦点を当てて、デリケートゾーンケアのプロフェッショナル、膣姐こと編集長 山口明美に疑問をぶつけてみました!

膣姐こと、山口明美が答えます!

一般社団法人女性力研究所理事長。フェムケアから女性の“美容寿命”をサポートするメディア「femme(フェミー)」編集長。

膣トレや膣ケアの第一人者として、また日本初の膣プランナーとして様々な商品開発やコンサルティングを実施。セミナーや講座も開催し、女性のイキイキとしたライフスタイルの支援まで行うなど、その活動フィールドはさらに広がっています。

山口明美インスタグラム
記事に関するお問い合わせ