無料の会員登録をすると
お気に入りができます

男性はここを見てる♡「お食事デート」で気をつけるべき8つのこと

お食事デートは二人の仲を急速に接近させてくれますが、マナーや立ち居振る舞いによっては相手を一気に幻滅させてしまうリスクもあります。本記事では、食事デートを最高に楽しい時間にするために気をつけるべきポイントをご紹介します。

恋愛・結婚

④食べ物は残さない

食べ物の好き嫌いが激しいと、結婚した時に大変そうだと思われてしまいます。好き嫌いはないにこしたことはありませんが、どうしても食べられないものが料理に入っていたらどうすればよいのでしょうか。

girlydrop.com

苦手なものが出てきてしまったら、黙って残すのではなく、あらかじめ取り分けておき、彼に食べてもらうようにお願いしましょう。

⑤口いっぱいに食べ物を入れない

美味しそうに食べる女子は好感度抜群ですが、食事中でも品の良さは大切です。食べ方が汚くならないように気をつけましょう。特に、会話が弾んでいるときは、食事のマナーに気を配るのを忘れがちなので要注意。

口いっぱいに食べ物をほおばると、話す際に口の中のものが見えてしまったり、食べ物をかむ音が大きくなったりなどで相手に不快感を与えてしまいます。食べ物は少しずつ口に運ぶように意識しましょう。

⑥「マズい」は絶対に言ったらダメ!

デートの際はネガティブなワードを口にしないことがとても重要です。料理が口に合わなかったとしても、マズいとは絶対に言ってはいけません。たとえ彼がマズいと言ったとしても同調しないことがポイントです。

girlydrop.com

マズいというネガティブな評価をすることで、場の空気が白けてしまいます。「食べなれた味とは違うけど、これはこれで美味しいよ」とさりげなくフォローし、楽しい食事デートを盛り下げないようにしましょう。

⑦食後はお口のケアを忘れない

食事をするとどうしても、歯に食べ物が挟まったり着色汚れがついたりしてしまいます。食事デートでは食後の口元をいかに清潔にキープするかが重要です。爪楊枝や携帯用歯ブラシなどオーラルケアアイテムを忘れずに。

girlydrop.com

食後とはいえ、唇や歯が汚れていると彼を幻滅させてしまいます。食後はリップを塗りなおすだけでなく、唇や歯が汚れていないか手鏡で必ずチェックし、ケアをするようにしましょう。

⑧おごってもらったら必ずお礼を言う

お食事デートでは彼におごってもらうことも多いでしょうが、おごってもらって当然という態度は厳禁です。最後の最後で好感度を下げないように気をつけましょう。

カジュアルなお店でも、おごってもらったらきちんとお礼を言うべきです。必ず笑顔で「ありがとう!ごちそうさまでした」と感謝し、「美味しかった」「楽しかった」という一言を付け加えるようにしましょう。

記事に関するお問い合わせ