無料の会員登録をすると
お気に入りができます

コロナ禍でも特別な花嫁体験を♡最高の瞬間を残すフォトウェディングに密着

恋愛・結婚

⑤11:30〜14:00(2時間半)/撮影

いよいよ撮影スタート!最初は「LUMINOUS Odaiba」の象徴的な花のアーチのあるシーンから。季節の花々が咲き誇るシーンに合わせ、花嫁は花びらが重なったような華やかなドレスで登場。花婿のタキシードも、花嫁のドレスに合わせて淡い色合いをチョイスしました。ワンショットごとにスタッフがポーズを細かく指導しながら、最高の瞬間をカメラにおさめていきます。

花嫁のソロ撮影を見守る花婿は、いつもとは違う花嫁の姿にドキドキ。「この写真、旦那さんの待ち受け画像に決定ですね!」とスタッフに声をかけられ、照れ臭そう。撮影は終始和やかなムードで進み、スタッフの方々の優しい声かけに、二人の緊張もすぐに解けていました。

撮影した写真はその場でみんなでチェック。「次はもっとこうしてみましょうか」と写真を見ながら細かく修正を加え、満足するまでとことん付き合ってくれますよ。

最高の瞬間のためにスタッフも全力です!光の差し込み方ひとつまでこだわります。

撮影も後半に。後半は前半とイメージを変えてアップヘアにお色直ししました。白いウェディングドレスにアップヘアの端正なスタイルは、人気の組み合わせのひとつです。憧れだったウェディングドレス姿に、花嫁も笑顔を輝かせます。

終盤の撮影では、印象的なヴェールを使った写真も。ヴェールの長さはなんと6メートル!たなびくレースを美しく見せる術を熟知したスタッフが長いヴェールを自在に操る様はお見事の一言。花嫁と花婿、そしてスタッフたちみんなの力が合わさり、夢のようなワンシーンが完成します。

⑥ 14:00〜14:30(30分)/レタッチとアルバムの打ち合わせ

撮影後にはフォトレタッチ(画像修整)の相談もできます。こちらもプランに含まれているのが嬉しいですね。「二の腕が気になる」「ウエストをほっそり見せたい」「フェイスラインをシャープに」など、花嫁の要望に合わせて細やかで自然な仕上がりのレタッチをしてくれます。全体の色や明るさ、コントラストの調整も行っていきます。

写真は見応えのあるA3サイズのアルバムにまとめてもらえます。色や耐久性に徹底的にこだわった1冊は、なんと50年以上の保存期間を想定して、一冊一冊丁寧に手作りされているのです。熟練の現像職人による色鮮やかなプリントと、製本デザイナーの手仕事の枠で作られたアルバムは、まるで芸術品のよう。いつまでも色褪せないアルバムに「50年後も二人でこのアルバムを見たいね」と二人の絆も深まったよう。

アルバムに収録する写真は、後日自宅に送られてきたデータを見ながらゆっくり決めることができます。アルバムに収録した撮影カットのデータももらえるので、家族や親戚などに気軽に見せたり、写真を使って年賀状などを作成することもできますよ。

※通常は打ち合わせ・ドレス選び・撮影と、2~3日を要します。

記事に関するお問い合わせ