無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お金が貯まる人はみんなやってます!ムダな外食や出費を減らすコツ

これさえ知ってさえいれば、お金は貯まる。お金を貯めている人がみんなやっていること、それはとっても簡単なものばかりだった!今まで浪費ばかりで貯金できなかった人も、知らぬ間に自然とお金が貯まるコツ、今ここにお届けします。

2018年10月
ライフスタイル

貯まらない理由がわかれば、お金は貯まる

お金がいつも足りない、節約が苦手、贅沢はしていないのにお金が貯まらない、どうしたらいいの?知っていれば、自然とお金が貯まっていく、お金が貯まる人がやっていることって意外と簡単なことだったんです。

お金が貯まる人がやっていること

1. よく使うものは、大容量・詰め替えタイプ

調味料、洗濯洗剤、シャンプーにメイク落としなど、いろいろな消耗品には、大容量タイプや詰め替え用を積極的に選びましょう。比較的値段が安く設定してあるので、これだけでも節約につながります。

2. 食事は家で食べる

食事は、できるだけ家で食べてから出かける。これだけでもお金が貯まるので、実行あるのみですよ。

3. 1週間の料理プラン、買い物は週2

買い物に行くと、否が応にもいろいろな商品が目につきます。これ食べてみたかったなど、買うはずではなかったものをついつい買ってしまう…そんなことがよくありませんか。

小さな買い物が貯まっていくと、大きな出費へとつながっていきます。1週間の料理プランを考えて食材はまとめて購入し、買い物は多くて週2回に設定しましょう。

4. まとめて調理で、ムダをなくす

毎日の調理時間は結構時間もかかり、面倒になりがち。飽きることがないよう作りおき・冷凍保存レシピなどを活躍させると、一度で食材を使い切ることもでき、手間も省けて節約にもなります。

5. 料理は大皿に

小皿に料理を乗せて食卓を飾るのも美しいですが、洗い物が増えると水道・洗剤の費用もかさみます。なるべく大皿料理にし、食べたい人が食べたい分だけ取ることで、食べ残しも減ります。

6. クーポン・セールを活用

買い物に行くスーパーは前もって絞っておき、ネットチラシなどを見て安いものをチェック。お買い得品をメインに料理をし冷凍保存します。

電化製品など大きな買い物は、前もってショップでチェック。ネットを含め、セールの時に買いましょう。

7. 服はベーシック、トレンドはプチプラ

節約しながらファッションを楽しむなら、ベースは気回しやすいベーシックアイテムがおすすめ。トレンドものは、UNIQLO・H&M・GU・ZARAなどのプチプラブランドで買うようにしてみて。

8. 収入と支出をチェック

家計簿をつけるのは、なにかと面倒くさいもの。ですが、どれくらいのお金を何に使っているのか、それがわかるだけでも、どこを減らせばいいのかが把握しやすくなります。

レシートを読み取るだけで、自動で家計簿をつけられるアプリもあります。無料のものなど、いろいろな種類があるので活用するのも手です。

9. カードより現金、お財布の中は最小限に

カードを持っていると、ちょっと気になったものに出会ったときに、“あっ、買っちゃえ”が多くなりがち。最小限の現金だけお財布に入れておけば、その時だけの感情で出費を増やすという、衝動買いが防げます。

10. 給料は最初から預金

毎月の収入と支出を把握したら、毎月の貯金額を決めることができます。最初は、これならできるという貯金額がおすすめです。

前もって給料から天引きする会社の財形貯蓄制度や、銀行の自動積立定期預金を手続きします。自動で貯金できる積み立て制度なら、“お金使ってしまい今月は貯金できない”を防ぐことができます。

貯金したお金は最初からないものと考えて、そこからお金を使っていくと貯蓄しやすくなります。

11. 出費別に封筒に入れる

まずは貯金。次に生活するうえで必要な支出、水道光熱費・携帯代・家賃・保険などを封筒に用意します。

次に絶対必要ではない、けれどライフスタイルを充実させる支出、例えば友人との食事・飲み会・スポーツクラブ・習い事などに使う限度額を用意する。そうすることで、全体のお金を把握でき、余計な出費が少なくなります。

コツコツとムリなく貯めること

お金はムリに貯めても心によくありません、コツコツとゆっくり時間をかけていくことで、自然と慣れていき、貯金も少しずつ増えていきます。気づいたときには、笑みがあふれているはずです♡

記事に関するお問い合わせ