無料の会員登録をすると
お気に入りができます

パッケージも中身もかわいい! 手土産にもおすすめ!銀座〈GINZA SIX〉で買える珠玉のスイーツ6選

とっておきの手土産を買うなら、選りすぐりの美食が集まる銀座〈GINZA SIX〉へ。デパ地下を中心に、パッケージも中身もかわいい〈GINZA SIX〉のおすすめスイーツをご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

グルメ

1本550円~、木箱(小)3本入り2,000円。

A.〈JOTARO SAITO〉の「JOTARO ICE BAR」

日本を代表するキモノデザイナー、斉藤上太郎さんの魅力を詰め込んだフラッグシップストア。キモノから和装小物までフルラインで展開するだけでなく〈JOTARO SAITO〉初のカフェまで併設し、オリジナルスイーツを楽しめる。見逃せないのがここでしか手に入らないアイスバー。京都本社の一角に工場を作り、専属パティシエを起用した渾身の作だ。真田紐まで職人が手がけたオリジナルという木箱でぜひ。

〈JOTARO SAITO〉
日本を代表するキモノデザイナー斉藤上太郎さんが手がける唯一の直営店。カフェでは独自の美意識が光るオリジナルのアイスバーやチョコレートも手に入る。
■03-6263-9961
■4F

10個入り3,000円。

B.〈KUGENUMA SHIMIZU〉の「KUGENUMA SHIMIZU もなか 幸」

相模湾の海の幸や地野菜を生かした料理で人気のレストランが手がけるスイーツショップ。和と洋を融合させたお菓子が並ぶ中で、思わず目を留めるのがGINZA SIX限定の最中だ。古くから縁起物とされる鯛や招き猫など7種のおめでたいモチーフをかたどった最中皮と、北海道十勝産小豆を炊き上げた上品な餡が、オリジナルの掛けのしをまとった桐箱に詰まっている。もち米をさっくり焼き上げた皮に餡を詰めて、出来たての風味をどうぞ。

〈KUGENUMA SHIMIZU〉
相模湾の魚介や地もの野菜を生かしたフレンチで人気の、湘南鵠沼の隠れ家レストランが手がけるスイーツショップ。和と洋を融合させた上品なお菓子が並ぶ。
■03-6263-9775
■B2

クランベリーホワイトチョコレート、トリプルチョコレートなど1枚270円、4枚入りギフト缶1,300円。

C.〈Ben’s cookies〉の「4枚入りギフト缶」

真っ赤な缶を開けると歓声が上がる。大ぶりのクッキーは飾り気のないビジュアルで、それがまた焼き菓子好きの心をくすぐる。店内オーブンで焼きたての生地はホロホロと口どけよく、香ばしさが口いっぱいに。使っているのは無塩バターにキビ砂糖に上質のベルギーチョコレート……。もちろん保存料や着色料は不使用。自信をもって贈れる差し入れに。

〈Ben’s cookies〉
イギリス・オックスフォード発のクッキー専門店。素材は添加物や人工着色料などを一切使わない安心安全なもの。店内のオーブンで焼きたての一枚を楽しめる。
■03-6263-9881
■B2

50粒 桐箱入り5,500円(税込)。

D.〈PAPABUBBLE〉の「プレーンヌガーとミックスベリーのセット」

スペイン・バルセロナ発のアートキャンディブランドが「和のコンフィズリー」をテーマにオープン。ここで手土産を選ぶなら、GINZA SIX限定のヌガーがイチ推し。頬張ればフワッとして軽く、舌の上でホロリと溶ける。こんなヌガーは初めてと話に花が咲く。ピスタチオなど3種のローストナッツ入りのプレーンと、ラズベリーなど3種のベリーを加えたミックスベリーをシックな桐箱でプレゼントしてみては。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ