無料の会員登録をすると
お気に入りができます

熱帯夜でも熟睡できる!眠るまでの準備タイムスケジュール

ライフスタイル

ただ、ずっと28度前後の設定だと蒸し暑いと感じることもあるので、1時間前に24~25度で涼しく眠りやすくしておくのが大切なのです。

bymuratdeniz / GettyImages

また湿度が高いと体感温度も高くなるので、ドライ・除湿設定にしておくことも快眠につながります。できれば付けっぱなしがずっと快適に寝られますが、タイマーを使いたい人は3時間ほどにしておくとベストです。

さあ、おやすみなさい…

olegbreslavtsev / GettyImages

暑い夏でもしっかりと寝る準備をすることで、快適な睡眠に導くことができます。エアコンで部屋を涼しくしつつ、眠るための準備を行って猛暑でもぐっすり眠れますように。

記事に関するお問い合わせ