無料の会員登録をすると
お気に入りができます

熱帯夜でも熟睡できる!眠るまでの準備タイムスケジュール

夏はなかなか寝付けなかったり、途中で目が覚めてしまったり、睡眠時間が削られてしまいます。実は眠るまでにきちんと準備をすることで、暑くても快適に眠ることができるんです。

2018年8月
ライフスタイル

眠れない暑さを何とかしたい…

眠る前に快眠の準備をしましょう

暑い日が続くこの季節。夜まで暑さが続いて、寝苦しいという方もいるのでは?もちろんエアコンで部屋を涼しくすることは大切ですが、それ以外にも快眠に導く方法はあります。

plus9 on Instagram: “Icelandic bedroom
・
短い夏を楽しむかのように
大きな窓が印象的
色の感覚が素晴らしい
・
#Iceland”
instagram.com

そこで、暑い夏でも熟睡するためにできる方法をピックアップ。寝る前から準備するタイムスケジュールをご紹介します。

就寝3~4時間前:寝室の換気

室内の湿気と熱を逃がす

室内がむわっと蒸し暑いなら、10~15分ほど換気をしましょう。仕事などから帰宅して、就寝の3~4時間前に行うと◎です。室内の湿気や熱を逃がすことになります。湿度が高いと体感温度も高くなるので、快適な睡眠のために湿度を低くしておくことが大切です。

ベッド周りやクローゼットは熱がこもりやすいので、換気をしているときに開放しましょう。また、普段からクローゼットをきちんと収納したり、ベッドの下に物を置かないようにすると、熱がこもりにくくなりますよ。

就寝3時間前:食事を済ます

寝る前に消化活動を終わらせておく

寝る直前に食事をすると、寝ている間も消化活動が行われ、体が目を覚まして寝付けなくなります。また、消化不良で翌朝の胃もたれや不快感にもつながってしまいます。

消化するのに十分な時間が取れるよう、寝る3時間前までには食事を済ませておきましょう。

就寝2~3時間前:ぬるめのお風呂に入る

寝る時に体温を下げるために、一度体温を上げる

人は深部体温が下がると眠くなり、睡眠中の深部体温も低くなっています。つまり、寝るためには深部体温を下げる必要があるのです。

寝る前には逆に体を温めると、寝る時には体温が下がって眠りに就きやすくなります。そこで、寝る2~3時間前に、38~40度とぬるめの湯船に浸かりましょう。この時間にお風呂で体温を上げれば、ちょうど寝る時間には体温が下がる状態に導けます。

記事に関するお問い合わせ