無料の会員登録をすると
お気に入りができます

暑い夏の夜も快適に!ぐっすり眠れる寝具の選び方5選

夏は夜まで暑さが続き、寝苦しいと感じている方もいるのでは?そこで、夏でも熟睡できるような寝具の選び方を学びましょう。

2018年8月
ライフスタイル

夏は夜も暑い!

寝苦しい夜は「寝具」で暑さを解消

夏は日が沈んだ夜も、もわっと暑さが続いていることも多いのでは?暑いとなかなか寝付けず、寝ていても途中で目が覚めたりと、睡眠を妨げてしまうこともあります。

そんな暑い夏でも快適に眠るためには寝具が重要です。そこで、暑くても熟睡できる寝具の選び方をご紹介します。

1.吸湿性・通気性が高いことが基本

たっぷり汗をかいても快適に

暑い夏は寝ている間もたくさん汗をかきます。汗をかくと体温が下がります。寝ているときは体温を下げる必要があるので、汗をかくことは大切です。しかし、汗でじめっとしていると不快で良い眠りにはなりません。

そこで大切なのが、体から出た汗を吸い取る吸湿性と、汗を逃がす通気性のある寝具を選ぶこと。これなら汗をかいても快適に眠れます。

2.カバーやシーツは綿・麻

タオル、ガーゼ、サッカー、リップルの織物がおすすめ

綿や麻の天然素材は吸湿性と通気性に優れているので、カバーやシーツなどにおすすめの素材です。

タオル地やガーゼ地などの織物なら吸湿性がさらに高く、表面が凸凹しているサッカー地やリップル地なら通気性がさらに高いです。

ラミーリネン敷き布団カバー シングルロングサイズ(SL)

クルームフィールズ

¥ 17,500

ラミー麻とリネン麻の2種類を使用することで、ひんやりとした触感と肌にべたつきにくいのが特徴の敷き布団カバーです。洗濯に強く、乾きも速いです。全24色のカラーバリエーションでお好みの色を選べます。

商品詳細
ラミーリネン敷き布団カバー シングルロングサイズ(SL)
www.curoomfeelds.jp
商品詳細

40フランスリネン100%敷き布団カバー シングルロングサイズ(SL)

クルームフィールズ

¥ 15,800

フランス産リネン100%で柔らかくさらっとした触感の敷き布団カバーです。吸湿性と放湿性に優れているので、夏に最適。とても丈夫なので、こまめなお手入れにも向いています。

商品詳細
40フランスリネン100%敷き布団カバー シングルロングサイズ(SL)
www.curoomfeelds.jp
商品詳細

3.枕はそばがら・パイプ素材

ひんやり触感で頭の熱も逃がす

寝ている間は頭も暑くなりますよね。そこで、ひんやりと冷たい触感で吸湿性も高いそばがらの枕はいかがでしょうか。またパイプ素材も冷たい触感で吸湿性が高いのでおすすめです。

高さが10ヵ所調整できる枕(ソバ)

ニトリ

¥ 4,990

そばがらを使用し、吸湿・放湿性に優れているので、爽やかな寝心地が叶う枕です。枕カバーを開けると中身が3つに分かれているので、ちょうどいい高さに調節することもできます。

商品詳細
高さが10ヵ所調整できる枕(ソバ)
www.nitori-net.jp
商品詳細

高さが10ヵ所調整できる枕(パイプ)

ニトリ

¥ 4,990

パイプを使っている枕なので、通気性と耐久性に優れています。丸洗いできるというメリットも。こちらも高さ調節ができます。

商品詳細
高さが10ヵ所調整できる枕(パイプ)
www.nitori-net.jp
商品詳細

4.うだる暑さに「接触冷感素材」

暑いときだけ使える敷きパッドが便利

接触冷感素材は通気性が高く、熱を逃がすスピードが高いので、熱帯夜におすすめ。敷きパッドだと取り外せるため、特に暑い時など必要時だけに使えて便利です。

敷きパッド(NクールH)

ニトリ

¥ 1,287

ニトリの接触冷感Nクールを採用。触れるとひんやりと感じる敷きパッドです。吸水速乾生地なので、寝ているときに汗をかいても、さらさらで快適に。

商品詳細
敷きパッド(NクールH)
www.nitori-net.jp
商品詳細

敷きパッド(NクールSP H)

ニトリ

¥ 2,769

ニトリの接触冷感Nクールがさらにパワーアップした、Nクールスーパーを採用した敷きパッドです。ひんやり触感で、吸湿・放湿に優れた快適わたのおかげで、よりクールな触感が叶います。

商品詳細
敷きパッド(NクールSP H)
www.nitori-net.jp
商品詳細

5.掛け布団ならダウンケット

夏向けの羽毛布団は快適寝具

夏場の就寝時はタオルケットを使っている方も多いのでは?実は通気性はあまり良くありません。おすすめなのが、羽毛の肌掛け布団であるダウンケットです。

chiaki on Instagram: “・ ・ ストーリーのアンケート、ありがとうございました☺︎ 私も晴れた日しか洗濯していませんー。 あ、あとお漏らしの日…泣。 同じ方が多くて安心ー♩笑  6月も後半ですが、 見ての通りまだ羽毛布団のままです。 子供たちは羽毛布団を下に敷いてフカフカーって♡ 私は抱き枕代わりに♡…”
instagram.com

夏に羽毛布団というのは意外ですが、調湿機能に優れており、寝ているときの温度と湿度をちょうどいい状態に保ってくれるので夏にも使えます。表面のカバーはポリエステルだと湿気がこもりやすいので、綿がおすすめです。

ダウンケット シングルロング

東京西川

¥ 7,999

春夏用のダウンケットです。肌に触れる裏面はコットン100%で触り心地が良いです。表面は綿混のポリエステル地でも、吸湿性バツグン。洗濯機で丸ごとお手入れできるのもうれしいポイントです。

商品詳細
ダウンケット シングルロング
www.futonten.co.jp
商品詳細

最適な寝具を選んで夏の夜も涼しく

夏に合わせた寝具を選ぶことで、寝苦しい夜も快眠に導くことができます。暑くて眠れないとお悩みの方は、ぜひ寝具を見直してみてはいかがでしょうか。

記事に関するお問い合わせ