無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

暑くて眠れない夜とサヨナラ♡快適「夏パジャマ」を選ぶ6つのポイント

暑さが夜まで続いていると、なかなか寝付けませんよね。実は快眠には身につけるものが大切。そこで、暑い夜もぐっすり眠れる「夏パジャマ」の選び方をご紹介します。

ファッション

3.素材は綿、麻、シルクで肌触り◎

天然素材で涼しげに

暑い夏のパジャマにおすすめの素材は綿、麻、シルクなど天然素材。どれも肌触りが◎です。綿は吸湿・吸水性に優れており丈夫です。麻は吸湿性に加えて放湿性も優れており、さらっとした感触も涼しく夏に向いています。

シルクは人の肌と近い成分なので肌なじみが良く、光沢感があるので高級に見え、吸湿・吸水性も高いです。

4.ガーゼ、サッカー、クレープで通気性◎

べたつかない触感も夏にぴったり

先ほどの素材をガーゼ、サッカー、クレープなどの織物にすると、通気性が高く着心地が良いです。ガーゼは通気性や吸湿性、速乾性に優れており、さらさらと清涼感のある肌触りをしています。

@100en_diary on Instagram: “*三重ガーゼケット* ・ 無印良品週間が始まりましたね😊 最近買って良かった無印商品がこのガーゼケット! ・ ・ 店頭で触ってみて、あまりにもとろふわな感触に惚れました(笑) 使ってみてさらに惚れました😁 ・ ・ ふわっと包み込む感じがもう気持ち良くて😆 付かず離れずで絶妙。…”
instagram.com

サッカーは日本では「しじら織り」とも呼ばれ、表面が細かな凹凸があることで肌に触れる表面積が減るので涼しく感じます。クレープは日本では「ちぢみ織」とも呼ばれ、さざ波状の凹凸で通気性が高いです。

5.吸湿速乾素材にも注目

商品選びの目印に

機能素材にもご注目。「吸湿速乾素材」なら、すばやく汗を吸ってすぐに乾くので、夏の夜に汗をかいてもさらりと乾かして快適になれます。パジャマを選ぶ際には「吸湿」「速乾」というキーワードもチェックしてみてください。

6.スウェット&ジャージはNG

部屋着の定番は快適さからほど遠い

パジャマ代わりにスウェットやジャージを着ている人もいるかもしれませんが、おすすめません。スウェットやジャージというのは吸湿性・放湿性・通気性が悪く、汗をかくと蒸れて熱と湿気がこもってしまいます。

夏の夜には不快と感じることもあり、睡眠を妨げることにもなってしまいます。スウェットやジャージは避け、夏向きのゆったりとした肌触りと吸湿性・通気性に優れたパジャマを選びましょう。

おすすめパジャマのラインナップ

夏向けの素材や機能性に優れたパジャマもご紹介します。ぜひ、夏のパジャマ選びの参考にしてみてください。

刺繍ブラウス・ショートパンツセットアップ

Luz Llena

¥ 5,400

刺繍デザインがおしゃれで普段着コーデとしても使えそうなセットアップです。綿と麻がミックスされており、通気性の良い素材は夏にぴったり。

商品詳細
刺繍ブラウス・ショートパンツセットアップ
zozo.jp
商品詳細
記事に関するお問い合わせ